公園デートが暗転


まおです。

公園でお弁当を食べながら、良い雰囲気の二人だった。

『まおさんとなら、良い夫婦になる自信がある』な~んて言われて、天にも昇る気持ちだった(≧▽≦)

話題は、自然と結婚に向けての準備についてになった。
 

『まおさん、この間、緊張してたね』

「そりゃー、お義母様との初対面だもん」

『甥っ子達のお土産も用意してくれたり、マッサージの資格取ったり、おふくろが感心してたよ』
 

マッサージの資格を取ったことが、物凄く好印象の様でした。

「息子の為に、そこまでしてくれた」と思われたようです^^
 

「ところで、お義母様って、私がブライダルの仕事してることをご存じないよね?」

『あぁ、言わなくてもいいよ』
 

何ですと?
 

スポンサーリンク


専業主婦が正義

「内緒にしておくってこと?」

『まおさんの為に、それが良いと思うよ』
 

掻い摘んでお話をすると

一樹家は、代々女性は専業主婦

男が家族を養い、女が家を守るという考え方

そもそも「なぜ働くの?」と言われると思うよと。

「仕事のやりがい」を説明しても、外で働いた事のないお義母様には分からないと。

「家を守ることが1番大事」と言われ、まおさんが、辛く感じると思う。

最終的に「仕事辞めなさい」と言われておしまいになるよと。
 

一樹さんは『おふくろの味方をするわけじゃないよ』と前置きしながら、話を続けた。

母もお嫁に来て苦労した。

父が仕事で忙しく、誰も相談する人が居ない中、子育てをしながらあれだけの家を守ってきた。

母も「自分が守った」という自負があると思う。

だから、まおさんにも義妹にも、同じように家を守って欲しいと思うのだろう。

僕は、そんな母を尊敬している。
 

でも、母の考えは今の時代にはそぐわないとも思う。

母を説得出来ればいいけれど、40年間それが当たり前と思って過ごしてきた母の考えを変えるのは、至難の業。

まおさんの、仕事を続けたいという気持ちを尊重してあげたいから、内緒にしておくのが良いと思うよと。
 

スポンサーリンク


頑固だと言われて

一樹さんが、私の為にお義母様に内緒にしておこうと言ってくれた気持ちは良く理解出来た。

でも、実際問題、それで通せるだろうか?

「でも、例えば冠婚葬祭とかお茶会のお手伝いで「今すぐ来て!」って呼ばれたらどうすればいい?」

ブライダルの仕事は、40日前には確定になる。

実際、今現在、6月末までの仕事は確定し、並大抵の事情では断れない。

「義母のお茶会の手伝いでお断わりします」なんて言ったら、即取引停止だ。

下手したら訴訟になる。
 

一樹さんは『明日地震が起こるかもしれない的な心配はしても仕方ない』と言う。

『その都度、上手く立ち回ればいい』と言うけど、そんな簡単なもんじゃないと思う。

男性は能天気というコメントも過去に頂きましたが、正に、その通りです(/_;)
 

「やっぱり、お義母様には、仕事をしているってちゃんと話しておきたいなぁ」

『そしたら「仕事辞めろ」って言われるよ。いいの?』

「そこを何とか上手く・・・」

『それが無理だから、内緒にしておくって話したでしょ?まおさんも頑固だね』
 

「頑固」と言われてカチンと来た。

もっと他に言い方あるよね?
 

せっかくの公園デートだったのにな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク