歯科医院休診日


まおです。

木曜日は休診日なのに、いつもと変わらない時間に起床する一樹さん。

今朝もベッドの中で、いつものごとく一樹さんの腕に可愛くしがみついて、起床を阻止していた。

しかし『ごめん、まおさん、僕、トイレ行きたい』と言われて、仕方なく、しがみついていた腕を離した(~_~メ)
 

再び、一樹さんがベッドに戻ってくることはなく、そのままキッチンで朝食を作り始めたようだ。

こうなると、私も寝て居るわけにはいかない。

もそもそとベッドから這い出し、眠い目をこすりながらキッチンへ向かう。
 

思わず愚痴が出てしまう。

「まだ7時だよぉ~(p_-)」

すると・・・

『もう7時だ!』
 

起床時間に関しては、一生、歩み寄れない(同調できない)と思った。
 

スポンサーリンク


類似性カップルと相補性カップル

朝食を食べながら、今日の予定を確認した。

スポーツジムに行くつもりで居たら『お天気が良いから、公園にでも行こうか?』と一樹さんが言い出した。

「それじゃぁ、お弁当を作る!」
 

お弁当と言っても、大したものじゃない。

混ぜご飯の素で、ご飯を炊いている間に、卵を焼き、ウインナーを炒め、プチトマトと一緒にタッパーに詰め込んだだけ。

たったそれだけのことだけど『お~ぉ、凄いね^^』と喜んでもらえる。

一人暮らしが長くて、料理も出来る一樹さんだけど、やはり「作ってもらう」のは嬉しいらしい。
 

急いで支度をし、スカートに着替えてリビングに行くと・・・

『まおさん、スカートでジョギングするの?』

えっ?ドライブじゃないんですか?
 

一樹さんは、近くの公園まで、ジョギングで行くつもりだったらしい。

しかし「お弁当を持って走るのは嫌だ!」と抵抗したら、公園まで車で移動することになった。

結局、公園の中を1時間ほど走らされ、クタクタになった。
 

お弁当を綺麗に平らげてくれる一樹さんを、見ているだけで幸せだけど、冷静に考えると不思議だ。

こんなにも趣味や生活環境が違う二人が、夫婦になろうとしている。

似た者同士を類似性カップル、ないものを補い合うのを相補性カップルと呼ぶそうですが、私と一樹さんは間違いなく相補性カップルなんだと思う。
 

スポンサーリンク


結婚生活が長続きするのは類似性カップル?

一般的に長続きするのは、類似性カップルと言われているようですね。

価値観が同じだから衝突しない。
 

一方、相補性カップルは、意見が違う時は、どちらかが折れないといけない。

上手く折り合えばいいけれど、喧嘩になると、考え方が違うだけに着地点が難しいらしい。
 

でも、人を好きになる時って、自分にはないモノを持った相手に魅かれませんか?

自分が出来ないことを、相手が軽々とやってのけた時、尊敬が生まれる。

私は、大体このパターンで人を好きになる。
 

公園のベンチで日向ぼっこしながら、一樹さんに聞いてみた。

「相補性カップルは、類似性カップルに比べて長続きしないって本当かな?」

『だろうね。僕たちは類似性カップルだから長続きするよ』

「えっ?私達って似た者同士?」

『そうだよ。大地にも、二人はそっくりだって言われる』
 

意外だった。いや、驚いた。

一樹さんは、私達のことを、似た者同士だと言った。

同じ物を見て、同じ様に感動し・笑い・泣く。

まおさんが悲しい時は、僕も悲しい。

僕が辛い時は、まおさんも辛いと感じてくれている。

互いを大切にする気持ちとか、家族や友達を大切にする気持ちとか、とても共感できる。

正に、僕たちは、似た者同士だ。
 

『まおさんとなら、良い夫婦になれる自信があるよ』

そう言って、一樹さんは笑った。
 

でもさ、この15分後に喧嘩になったよ”(-“”-)”

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク