1週間ぶりのデート


まおです。

1月は仕事が閑散期だったので、木曜日と日曜日は必ず一樹さんと会えた。

しかし2月になるとブライダルの仕事が入ってくるようになった。
 

1週間ぶりのデートとなった水曜日の夜。

仕事を終え自宅に帰って来た一樹さんを、いつものように晩ご飯の準備をして出迎えた。

「お帰りなさい!」

『なんか、まおさんに会うの久し振りな気がする』

「1年振りくらいだっけ?」

冗談を言って笑い合うつもりが、何だか浮かない顔をしている一樹さん。

どうやら結婚式をするかしないか、1週間悩んでいたらしい(ーー゛)
 

スポンサーリンク


結婚式をしたくない

食事を終えて、ソファーに座って話をした。

「そんなに嫌なんだ、結婚式するの」

私は努めて明るく聞いた。

『まおさんには申し訳ないんだけど・・・』

はっきり『嫌だ』とは口にしないけれど、相当嫌みたい(-_-メ)
 

どうして?

何がそんなに嫌?
 

聞きたいことは沢山あったけれど、嫌なものは嫌なんだろう。

理由も話したくないらしい。

前回の結婚式で、何かトラウマになっちゃったのかもしれない。
 

ブライダルの仕事を全面否定された気もしたけれど、ここは私が大人になろう。
 

「この間、お義母様に「花嫁衣装を着たいでしょ?」って聞かれて、とっさに着たいって答えちゃったから、一樹さんを悩ませちゃったんだよね。ゴメンネ」

「あの時は、お義母様の顔を立てようと思ったから」

「お義母様に「ウェディングフォトを撮るから、まおさんには花嫁衣装を着てもらえる」って伝えたら?」

「その時に、仲人さんと家族だけで会食をすれば、納得して貰えるんじゃないかな?」

『会食なんて出来るの?』

「任せて!手配する^^」

『ありがとう。ゴメンネ』
 

スポンサーリンク


マッサージ

一樹さんは、まだ、浮かない表情をしていた。

「マッサージ、しようか?」

『えっ?やってくれるの?』

「もちろん^^」

『じゃぁ、お願いしようかな^^』
 

急いで準備をして、一樹さんに横になってもらった。

マッサージをしながら思った。

言葉では寄り添えない時に、こうして相手の体に触れながら寄り添うことが出来るのかなって。

最初は色々喋っていた一樹さんだったけれど、徐々に口数が少なくなり、すぐに寝息が聞こえて来た。
 

普段は、決断力のある一樹さんだけれど、今回ばかりは、お義母様や私の気持ちを考えて悩んでくれたんだろうな。

「ごめんね」と「ありがとう」の気持ちを込めて施術する。

一樹さんに、届いているかな?
 

前回と同じように1時間ほど施術した後、うつ伏せで寝てしまった一樹さんの、肩を叩いて優しく起こす。

「あっ!」

『あっ!』

「地図になってる(・_・;)」

『世界地図描いてみた(^^;)』

「上手だね。センスあるよ!」
 

ふたりで大爆笑した\(^o^)/

やっと一樹さんが笑顔になってくれた。
 

一樹さんの負担になるのなら、やっぱり結婚式はしなくていいや^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク