茶室にて


まおです。

掛物(掛け軸)のお話を伺いながら、震える手で薄茶を頂きました。

もう緊張で失神しそうでした。

お義母様の声が遠くの方で聞こえ始め、限界かもと思い始めた時、一樹さんが話し始めました。

『まおさんと、なるべく早く結婚したいと思っているんだ』

「そうね、それが良いわ」

えっ!私、合格ですか?

心の中でガッツポーズをしたv(^_^)v

話はどんどん先に進む。

『それで、5月に結納をして夏に入籍をしたいと思っているんだけど』

「それなら急がないとね。お仲人さんは、どなたにお願いするの?」

『仲人は無しでいいよ』

「何言ってるの!媒酌人が居なかったら、結婚式の時に困るでしょ!」

『結婚式はしないから』

「はっ?一樹、今、なんて?」
 

スポンサーリンク


結婚式をすることが条件

お義母様は、結婚式をしないなんて有り得ないとおっしゃった。

『だって俺・・・』

「・・・それは関係ないでしょ」

『だけどさすがに・・・勘弁』

「・・・」には、恐らく「再婚」とか「2回目」とかいう単語が入ると思うのですが、お義母様も一樹さんもはっきり言わない。

マシンガントークのお義母様も、発言して良い事と悪い事を、しっかり選り分けているようだ。
 

結婚式をしないという現代の考えが、お義母様の年代では理解出来ないようだ。

「大切に育ててこられたお嬢さんの花嫁姿が見られないなんて・・・まおさんのご両親に申し訳ない」と。

合わせて、土地柄もあるようで、とにかく冠婚葬祭を派手にやる地域らしかった。
 

「仲人を立て結納をする事。結婚式もきちんとする事。それが条件」

お義母様は、一樹さんに向かって、ハッキリ&キッパリ言い切った。

一樹さんは思いもよらない展開に、押し黙ったまま。

顔を覗き込むと「困ったなぁ」という表情をしていた。
 

普段、決断力のある一樹さんだけど、さすがに返事が出来ないようだった。

こんな一樹さんを見るのは初めてだ。
 

スポンサーリンク



業を煮やしたお義母様が、私に向かって一言。

「まおさんだって、花嫁衣装を着たいでしょ?」
 

ゲッ!?私に振ります!?

ここはお義母様に従って「はい」と答えるべきか?

それとも一樹さんの気持ちを汲んで「いいえ」と答えるべきか?

いきなり、とんでもない決断を強いられることになった。

ヤバイ、どうしよう(・_・;)

どちらに付く?

「はい」か「いいえ」か?

じっくり考えている時間はない!
 

その時、どこからか聞こえた!

長いものに巻かれろ!

私は天の声に従った。
 

「はい!ウェディングドレスを着たいです!」
 

一樹さん、裏切ってごめんよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク