ありがとうございます!

まおです。

まずは、皆様にお礼です。

同じような婦人科系の疾患で通院されていらっしゃる方からの、励ましや共感のメールを沢山頂いております。

見ず知らずの私のことを気にかけて下さって、丁寧にメールを下さる皆様に、感謝の気持ちで一杯です。

1通1通拝見させて頂いておりますが、お返事が滞っている状態です<(_ _)>

少しずつお返事をさせて頂きたいと思っておりますので、お時間を頂ければと思います。

ありがとうございます!
 

スポンサーリンク

バレンタインサプライズ

今日は、14日のバレンタインデーの日のエピソードです^^

一樹さんと初めて過ごすバレンタインデー。

もう、気合入りまくりで、準備万端で出掛けました!
 

前日にケーキのスポンジを焼いて、一樹さんの自宅でデコレーション。

テーブルコーディネート用の小道具をスーツケースに詰め、花瓶も持参。

途中、お花屋さんに寄って、バラを購入。
 

もう「家出するの?」ってくらいの大荷物で新幹線に乗った。
 

もちろん、この日の為に取得した資格の、資格取得証明書も持参した^^
 

スポンサーリンク


サプライズの準備

一樹さんの自宅に着いた時、既に、一樹さんは午後の診察中。

一樹さんが仕事を終えて自宅に戻ってくるまでの4~5時間で、バレンタインのサプライズパーティーの準備をする。

時間はたっぷりある。

一樹さんが帰って来て、リビングのドアを開け、サプライズの食卓を見て喜んでくれる笑顔を想像しながら、準備に取り掛かった。
 

まずは、持ってきた荷物をスーツケースから取り出して、ダイニングテーブルの上に広げた。

よくぞこれだけの荷物を新幹線で持ってきたなと、我ながら感心した(^^;)
 

よし、最初に、ケーキのデコレーションだ!

生クリームとスポンジが馴染むまでに時間が掛かるので、最初に取り掛かった。
 

しかし、不幸な出来事は、この後すぐに起きた(-_-メ)
 

スポンサーリンク


サプライズのはずが・・・

ボールやら泡だて器やら忙しく準備していると、1階の医院と自宅の間のドアが開く音がした。

えっ?誰が上がって来るの?

誰って、一樹さん以外に居ない。

診療時間中に一樹さんが戻って来るなんて、想定外だった!

うわっ!サプライズがバレる!!

そう思ったと同時に、リビングのドアが開いた。
 

『まおさん、来てる?』

「何で戻って来るの?<`~´>」

『あっ。。。』

「『あっ』じゃないよ(ーー゛)」

『まおさんが、大荷物を抱えて来る姿が見えたから、何事かと思って・・・』

「大体分かるでしょ!!」

『あ~、ごめん。今分かった(^^;)』

「もう早く仕事に戻ってぇ(/_;)」
 

サプライズの舞台裏をバッチリ見られてしまった。

それも最大に、とっ散らかっている場面だった。

サプライズが台無しだ。

いや、もはやサプライズじゃないし(ノД`)・゜・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村