純粋の意味


まおです。

ソファーに座ってすぐに「この間は、ごめんなさい」と謝った。

すると一樹さんは、それに対しては何も言わなかった。

代りに自分の気持ちを話し始めた。

『僕は、まおさんのことを純粋に好きになった』

『純粋』が何を意味しているのか定かではない。

恐らく、婚活で出会ったけれど、純粋に恋をした。

そう言ってくれたのだと思う。
 

『でも、まおさんは、僕のことを本当に好きなのかな?』
 

ビックリした。

そんなことを言われるとは、思ってもみなかったから。
 

スポンサーリンク



私は頭の中で伝えたいことを整理した。

そして、はっきりと言い切った。

「一樹さんのことが大好き」

続けて、一樹さんの好きな所を羅列した。

「優しくて、いつも私のことを気にかけてくれる。

小さなことでも、ありがとうって言ってくれる。

スポーツマンで社交的で決断力があって博学多才。

歯科医師という職業だけでなく、患者さんや従業員さんを大切にする気持ちとか、経営者としても尊敬している。

一樹さんは、私に無い物を沢山持っている。
 

でも、一番好きなのは、お喋りが止まらない所だったりする。

整理整頓が苦手で、机の中を、すぐグチャグチャにしちゃったり。

家電の取扱説明書をたいして読みもせず、電源が入らないって大騒ぎしちゃう所だったり。

なんだか放っておけないの。」
 

『まおさん、これでもかって持ち上げといて、すごい勢いで落とすんだね(ーー゛)』

「大きな体で『僕のこと本当に好きなの?』って不安そうな声で聞いてくる一樹さんが、どうしようもないくらい好きなの(/_;)」
 

もう、思いつく限りの愛の言葉を囁いたよ。

もちろん、心からそう思っている。
 

スポンサーリンク


仲直りしようか?

一樹さんの男らしい所とか、経済力とか、結婚相手として申し分ない。

でも、その反面、ちょっぴり子供っぽい所にも魅かれる。

人を好きになるって、こういうことかなと思った。
 

一樹さんは『僕って、もしかしてダメ男だった?』と笑っている。

「ううん。優しいマメ男さん」

『まおさんには、敵わない』
 

一樹さんは、ソファーに体をあずけ、目をつぶって何か考え事をしていたようだった。

そして、その姿勢のまま、こう呟いた。

『もう仲直りしようか?』
 

ホッとした。

正直、嬉しかった。

でも、問題の核心には触れてなくて。

このままでは、本当の仲直りにはならないと思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク