いざ行かん!

まおです。

翌朝は、バッチリ目が覚めた!

『まおさん、張り切ってるね^^』

そりゃそうだ。

婚約指輪を見に行くんだもん(´艸`*)

朝食を済ませて、すぐに支度をした。

一樹さんの車で、いざ行かん!

どうやら〇△◇百貨店へ行くらしい。
 

気軽にジュエリーショップを覗くつもりで付いていったのだが、一樹さんが外商サロンに予約を入れてくれてあった。

年の功と言えばそれまでだけど、デートのエスコートはいつも完璧だ。
 

以前にも書いたのだが、私は「もっさり」した男性が苦手だ。

外見がもっさりは勿論、性格的なもっさりも苦手。

どのレストランに行くかなかなか決められなかったり、メニューを選ぶのに時間が掛かったりすると「この人に付いて行って大丈夫か?」と思ってしまう。

その点、一樹さんは、黙ってついて行けば間違いないと思える安心感がある。
 

スポンサーリンク


婚約指輪のデザイン

「シンプルで飽きの来ないデザインをご希望との事でしたので、何点かご用意させて頂きました」と満面の笑みで接客して下さる店員さん。

お決まりの「ダイヤモンドのグレード・4Cについて」の説明から始まった。

もう皆さん、ご存知だと思うので割愛しますが、早い話が「ダイヤモンドはデカければいいってもんじゃない!」というお話。

グレードがあることは知識として分かっていても、正直、実際にダイヤを見ても、素人には良し悪しは全く分からない。

10万円のダイヤと、1億円のダイヤを比べれば分かるかもしれないけれど、サロンで見せて頂いた10点程のダイヤは、デザインの違い位しか分からなかった。
 

ん?

分からないのは私だけか?

宝石とは縁のない人生を送ってきたからね。
 

スポンサーリンク


値札が付いてんじゃん

「実際に指にはめてご覧になって下さい」と店員さんがおっしゃってくれたので、それじゃぁと手を出した。

前夜に、指毛の手入れをしてきて良かったよ(・_・;)

で、ふと気が付いた。

値札が付いてる!

当たり前と言えば、当たり前だ。

純粋にデザインを選びたいのだが、値札を選んでしまう。

ダイヤモンドの輝きより、値札に目を奪われる。

ちょっとビックリするようなお値段の指輪もあって、一樹さんにアイコンタクト。

すると『それが気に入ったの?』と。

いやいや、違うよ、違う。

そーじゃないんだ。

でも、店員さん二人にがっちり囲まれて「高過ぎるんじゃない?」とは言えない雰囲気。

かと言って、安い指輪を選ぶのも失礼なのか?
 

一樹さんの予算って、一体いくらくらいなんだろう。

失敗した。

最初に、予算を聞いておくんだった。

急なお誘いで、下見程度の感覚で来たので戸惑った。

嫌な脇汗が出た💦

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村