ヤキモチではありません


まおです。

一樹さんの20年来の親友の大地さんは、大笑いした。

大地さんは、一樹さんの披露宴に呼ばれていたはずで、元の奥様の名前も知っているはず。

ウェディングアルバム・Happy wedding ・一樹&琴音の3つの単語の連想ゲームで、私と一樹さんが何で揉めているか、瞬時に分かったはずだ。
 

電話の向こうで笑い転げる大地さん。

ちょっとムッとした。

「そんなに面白い?(-_-メ)」

「ごめんごめん。可愛らしいなと思って^^」

「何が?」

「ヤキモチ焼いてるんだ?」

「ヤキモチじゃありません。気分が悪いだけです!」

「そうか^^ 一樹のバ〇野郎、許せんな!デリカシーの無いヤツだ」

デリカシー以前の問題で、今まで大事に持っていたことが信じられない。

「ちょっと、一樹と代わって。俺がガツンと説教してやる!」
 

スポンサーリンク


大地さんの作戦だ

一樹さんは、電話で大地さんからイロイロ言われたようだ。

『大事に取っておいたわけじゃない』とか

『未練の未の字もない』とか

『自分がバツイチだって忘れてた』とか

『まおさんが大事』とか

『まおさんしか居ない』とか

『ちゃんと謝る』とか。
 

今思えば、大地さんが上手く誘導したんだと思う。

私に聞こえるように、一樹さんに言わせたんだと思う。

頭のいい人だ。
 

電話を切る前に、もう一度、大地さんと話をした。

「俺がちゃんと一樹を叱っといたから。後は、仲直りするだけだ。バックでも洋服でも、好きな物買って貰いな。今なら何でも買って貰えるよ!」だって(笑)
 

スポンサーリンク


正座する

大地さんの電話を切って、ふと一樹さんを見ると・・・

なんと、アルバムの上に正座してる(-_-メ)

『ごめんね、許して・・・』

「大事なものなら、私の目の届かないところにしまっておいて」

『もう必要の無い物だから処分するよ』

「捨てなくて良いよ。思い出でしょ?」

本心ではない。

今すぐにでも、火を付けて燃やしてしまいたいほど目障りなアルバム。

妄想の世界では、既に、ゴミ箱に突っ込んで、上から生ゴミを被せてやった。
 

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、一樹さんがそのまま前に倒れ込んで『ごめんね』と謝るので、何だか土下座みたいな形になった。

慌てて一樹さんを引っ張って起こすと『何でも言うこと聞くから許して』と言う。

「何でも言うことを聞いてくれるの?」

『うん、何でも』
 

「じゃぁ、

 アルバム見せて!」
 

やっぱり見るんかい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村