お疲れ様


まおです。

一樹さんが事務仕事を終えて戻って来たのは、23時を回っていました。

ウェディングアルバムを見てショックを受けた私の気持ちは、既に落ち着いていました。

いつも通りの笑顔で、一樹さんを迎えれらたと思います。

「お帰りなさい!」

『遅くなってごめんね』

「ううん。お疲れ様でした^^」

『これで明日は、ゆっくり指輪を見て回れるよ』

「楽しみぃ!」

明日の予定を確認して、寝室へ。
 

スポンサーリンク

アルバム見たでしょ?

ベッドに入ったのは日付が変わってから。

随分、遅くなっちゃった。

今夜は襲われるのか?(#^.^#)

それとも早く眠るのかな?ZZZ

尋ねるのも変なので、目を閉じで眠ったふりをして、一樹さんの出方を待つ。
 

なんとな~く気配を感じて薄目を開けると、目の前に一樹さんの顔があった(´゚д゚`)

「なっ、なに?驚いた!」

『あのね、まおさん・・・』

でたっ!

一樹さんの定番のセリフ。

こんな夜中に、何を言いたいのか?
 

「なぁに?」

『ウェディングドレスで写真撮るかどうか決めた?』

「うん、撮る」

何だか、自分の中で吹っ切れた気がしたので、撮ろうと思った。

『えっ!撮るの?』

「へっ?撮りたくないの?」

『いや、撮るけど、なんで急に?』

「何となくだよ」

『なるほどね』

「なるほどね?」

『まおさん、見たでしょ?』

「なっ、何を?」
 

スポンサーリンク



ヤバイ!

アルバム見たことバレテマス?
 

一樹さんに真っすぐ見つめられて、思わず白状しそうになった私。

くるりと体の向きを変え、一樹さんに背中を見せた。

「もう眠いから寝るよぉ~」

私は、一樹さんの質問を完全無視して寝たふりをした。

『いつ見たの?』

(心の声)さっきだよ。

『何で見たの?』

(心の声)アルバムが私を呼んだんだよ。

『見ないって言ったのに』

(心の声)そうだっけ?

『怒らないから本当のこと言いな!』

「見~て~ま~せん!

『まおさん、嘘つくの下手だね』

そう言うと、私の体に後ろから手をまわしてきて、ギュッとしてくれた。
 

理由は分からないけど、涙が出た。

別に、悲しくもないんだけど、後から後から涙が出て来た。

参ったな。

泣いてるのがバレたら、アルバムを見たって白状したことになっちゃう。

私は枕に自分の顔を押し付けた。
 

どのくらい時間が経ったか分からないけれど、しばらくしたら、一樹さんの体から力が抜けてくるのが分かった。

寝ちゃったみたい^^

何とか白状せずに逃げ切れた(?)とホッとしたのも束の間、全体重を私に掛けたまま眠りについた一樹さん。

相当重い”(-“”-)”

重いけど、何だか穏やかな気持ち。

黙って見たことはゴメンナサイだけど、気持ちが整理できたというか、気が済んだ。
 

それにしても、私の様子や声のトーンで、何でも分かってしまう一樹さん。

もう、一樹さんに嘘は付けないなと思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク