行動に出る!


まおです。

残念ながら、まだ「パンドラの箱」は開けていません。

しかし、遅かれ早かれ開けることになるでしょう。

何故なら、ゼウスはパンドラが開けることを想定し、その箱を持たせたのだから。

全てゼウスの思惑通り。
 

そもそもだねぇ。

「開けるな!」っちゅう方が無理でしょう。
 

スポンサーリンク


昨夜の話

一樹さんの仕事が終わって、二人で食事を取りました。

寒かったので豚汁を作ったのですが『具が沢山入っていて美味しい』と喜んでくれました。

『晩ご飯の心配をしなくていいって幸せだ』なんて言って貰えると、準備した甲斐がありました。

コンビニもあるし冷凍食品も豊富で便利になったとはいえ、忙しい仕事を終えて寒い部屋に帰宅し、夕食の準備をするのは大変でしょう。
 

一樹さんの機嫌が良いのを確認し、ちょっと仕掛けてみました。

「あのね、洋室を片付けて、仕事に使っても良いかな?」

『ああ、もちろん』

「資料を広げるとね、リビングが散らかっちゃうから」

『散らかっても構わないけど、まおさんが気になるなら、洋室でやればいいよ』

「荷物を動かしたいんだけど、触っちゃいけない物とかない?」

『無いよ。でも重い物もあるから、今度一緒に片付けよう』
 

スポンサーリンク



触ってはいけない物はない。

一樹さんは、微塵も動揺しなかった。
 

恐らく忘れてる。
 

パンドラの箱なんて言えば格好良い。

でも、私にとっては地雷だ。

そして私は、そこに地雷があるのを知りながら、好んで踏もうとしている。

どうか一樹さん。

私が踏む前に、気付いて撤去してちょんまげ<(_ _)>

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村