お昼の休憩


まおです。

一樹さんが、お昼休憩に自宅に戻って来たのは13時近く。

『寒くて、患者さんも少ない』

それでも沢山の患者さんの車が出入りしていた。
 

一樹さんと従業員さんたちは、お昼のお弁当を配達してもらっている。

今日も、そのお弁当を持って自宅に戻って来た一樹さん。

しかし私の炒飯を見ると『まおさんの美味しそう』だって(^_^メ)

冷凍ご飯と卵とシャウエッセンとネギを炒め、炒飯の素で味付けしただけの残り物ご飯。

それでも「交換する?」と聞くと、嬉しそうに『うん』と言って食べ始めた。
 

1食460円程で届けてくれるというお弁当。

ボリュームもあって味も悪くないけど、どうしても揚げ物が多くなってしまうらしい。

毎日食べると飽きて来ちゃうのだろう。

とくにこの時期は、冷たくなって脂が浮いてしまうおかずもある。

サラダ類と一緒に盛ってあるおかずを、皿に取り分けレンチン♪するなんて、面倒くさくてしていないだろう。
 

スポンサーリンク


忙し過ぎる

食後に、コーヒーを淹れてあげた。

飲み終わると『お昼寝するから15分たったら起こして』と言われた。

いつものお昼寝タイムだ。

しかしすぐに、昨日の税理士さんから電話が入って起こされてしまった。

診察中は電話に出られないので、休憩時間は外線が集中する。

結局、休憩できたのは30分程。

すぐに書類をチェックすると言って、医院へ戻って行ってしまった。

甲斐甲斐しくお世話をしてあげたいが、そんな時間すら与えられない。
 

『まおさんのペースで過ごせばいいよ』と言ってくれるので、軽く家事をこなした後は、明日の仕事の準備に取り掛かった。

集中して仕事をしようと思うけれど、パンドラの箱のことが気になって仕方ない。

開けてはいけないものだし、開ける勇気もない。
 

でも、このままだと、絶対にいつか開けてしまう。

開けてはダメだと分かっていても

開けてしまうのがパンドラの箱。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村