彼の一人暮らしの自宅に初めて行く時


まおです。

そうなんです。

一樹さんは、長男ですが一人暮らし。

前の結婚と同時期に開業し、1階を歯科医院、2階を自宅としたのです。

離婚後も実家には戻らず、一人で暮らしていたようです。
 

一般的に、初めて交際しているお相手の自宅を訪ねるのって、何回目のデートの時なのかな?

私は実家暮らしなので、お相手を自宅に呼んだのは数えるほどです。

地元のお祭りや花火大会など、大きな行事の時にご招待するのみでした。

男性側からしたら、女性の両親と顔を合わせるのは気を遣うでしょう。

ですから、必然的にお邪魔するのは、お相手の一人暮らしの自宅になります。
 

やっぱり3回目のデートでお邪魔するのは早すぎるのかな?

でも、誘われて断るのも変だし。

かと言って、ホイホイ付いて行って、軽い女だと思われたくはない。

いや、30過ぎて、重いも軽いもないか。。。

隙を見せなきゃいいわけだ。
 

そんな、どーでもいいことを考えていたら、彼の自宅に着いてしまいました。

スポンサーリンク


従業員用の出入口から入場

そこは閑静な住宅街の一角。

広い駐車場のある歯科医院。

四角い2階建ての白っぽい、ひと目見て歯科医院と分かる雰囲気の建物。

外壁にタイルが貼ってあり、高級感のある大きな建物でした。
 

入り口は、医院正面と従業員用と自宅玄関。

今日は、従業員用の勝手口からお邪魔しました。

一樹さんが鍵を開けてくれたので、後に続いて入って行くと、小さなシューズクローゼットに7足ほどのナースシューズ(?)が入っていました。

従業員さんの休憩室は畳で、五畳ほどのスペースがありました。

小さなテーブルとテレビと冷蔵庫と電気ポット。

カラーボックスには、コーヒーやら炭酸飲料やらチョコレートやらクッキーやら、おやつが沢山。

一樹さんは『アイツら、休憩中にこんな甘いもの食ってるのか?ここをどこだと思ってるんだ!』と笑っていました。

どうやら普段はあまり休憩室には入らないらしい。

『不用意に立ち入ったら、何言われるか分からないからね。』

『それに女性って、束になると怖いんだよ。』と、マジ顔で言う。

経営者として、見えない苦労があるようです。

スポンサーリンク


女性は平等に扱わないといけない

一樹さんは『まおさんに、こんな話をするのも申し訳ないけど』と、日ごろの苦労を口にし始めた。

従業員さんは皆とても良い子で、仕事も一生懸命にやってくれる。

20歳~40歳の女性が働いてくれているけど、特に若い子はとても難しい。

少し教えてあげようとすると「注意された」とへそを曲げちゃう。

逆に、褒めてあげると「先生はあの人をひいきしてる」と言われちゃう。

上手く立ち回ろうとすると、最年長の衛生士さんから「先生は若い子に甘い」と叱られる。

特定の子と長く喋ったりすると、あらぬ噂を立てられるので、毎日必ず一人一人に声を掛けて、平等に平等にと心掛けてる。

正直、患者さんと同じくらい気を遣ってるよと。
 

それでも一樹さんの口調から想像すると、従業員さん達とは上手くやっているようで楽しそうだった。

でもさ、毎日、大勢の女性に囲まれて仕事しているなんて、ちょっとジェラシーだよ。

だって、歯科医師と歯科衛生士さんって、ぴったり寄り添ってお仕事してるじゃない?

それに白衣を着てマスクを付けた歯科医師さんって、5割増しで格好良く見える!

従業員さんに言い寄られたりしないのかな?
 

ここへきて、突如嫉妬心が芽生えてしまった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク