母からの電話


まおです。

昼過ぎに母から電話がありました。

在来線が止まっている。

新幹線もどうかな?

道路も凍結している。

どうやって帰って来るの?
 

木曜日の今日、運良く帰れたとしても、土曜日の朝の生放送の仕事に遅刻しない為に、前のりした方が固い。

今日帰っても、明日また出てこなくてはならない。
 

迷っていると、一樹さんが電話を変わってくれた。

『日曜日に、責任を持ってお送りします』

結局、日曜日まで一樹さんの自宅に、泊めてもらうことになった。
 

母ったら、私とは2分で電話を終えたくせに、一樹さんとは10分も喋ってた(・_・;)

一樹さん、意外と聞き上手で、母の話に上手く相づちを打ってくれていた。

両親と仲良くしてくれるのは、本当に嬉しい。

スポンサーリンク


パンドラの箱はそこにある

結局、布団乾燥機は、とんでもないところから出て来た。

どうして洗面台の下にしまったの?

整理整頓が苦手な一樹さんらしい。
 

私が洋室でパンドラの箱を見つけてしまったことは話していない。

もちろんアルバムの中身も見ていない。

リビングからドア一枚隔てた向こう側に、パンドラの箱があると思うと複雑だ。
 

何となく、私の様子が変だと思ったのだろう。

『まおさん、どうかした?』と聞かれた。

「どうもしてないよ」

心の中は氷点下。

窓の外は大寒波。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク