お布団の中でも優しい


まおです。

『それより、まおさんのお布団に行ってもいい?』と聞かれ、意地悪して「何で?」と返した私。

一樹さんは『何でって、その答えを見つけるために行くんだ』と言いながら、スルッと私の隣に入り込んできた。
 

クリスマスイブの夜は、トナカイがどうの、オオカミがどうのと混迷を極めたが、この夜は、すぐに『答え』とやらが見つかったらしい^^

  初めての夜の出来事
 

いつも優しい一樹さん。

もちろん、お布団の中でも優しい(´艸`*)

どうやら私の「許可がないと、先に進んではいけないと思っているみたい^^

でも、都度『いいかな?』と聞かれるのは、ちょっぴり恥ずかしい。

もう少し強引でもいいのにね(#^.^#)
 

スポンサーリンク

いつが良いかな?

お布団の中で、お互いの温もりを感じながら寄り添っていると、一樹さんが『あのね、まおさん・・・』と言う。

一樹さんお決まりの、重要な話題の、話し始めの台詞だ。

「なぁに?」

『まおさんのご両親のご都合って分かるかな?』

そうか、露天風呂につかりながら、話が途中になっちゃったんだった。

一樹さんが、本気で話を進めたいと思っている気持ちが伝わって来た。

その気持ちは、本当に嬉しかった。

でも、何だか急に結婚の話を進め始めようとしている気がする。

どうしてそんなに急ぐのかな?

当初は、私の手術が終わって、落ち着いてからの予定だったのに。

ご実家のお母様から、何か言われたのかな?

それとも、二人の関係が深くなって、男としての責任感からなのかな?

ただ純粋に、一緒に居たいと思ってくれているのかな?
 

スポンサーリンク


婚活サイトに登録して本気で婚活をして、心から好きだと思える人に出会えて、プロポーズされる。

恐らく、人生に置いて、こんなに幸せな時間はないだろう。

本来なら、素直に喜び、毎日がHappyなんだろう。

でも、病気のことを考えると、単純に喜んでばかりも居られない。

一樹さんが、私で良いって言ってくれたんだから「自信を持とう」と思う日もあれば、「この状態で結婚してもいいのだろうか?」と落ち込む日もある。
 

どうしてこのタイミングで、病気になったのかと嘆いても始まらない。

考えてもどうしようも無いのだから、このまま流れに身を任そうと思う。
 

結局、「旅行から帰ったら、父と母に予定を聞いて、一樹さんに連絡するね」と言って、その夜は眠った。
 

それから2週間が過ぎたが、まだ、両親には予定を聞いていない。

一樹さんも、何も言わない。

自分でも、どうすればいいのか分からない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村