仲良く露天風呂につかる


まおです。

お正月らしく華やかな夕食を終え、再び、部屋の露天風呂に浸かった私と一樹さん。

頭上に星がきらめき、今にも降って来そうな眩しさだ。

「サプライズをありがとう」

私が泊まりたいと言った宿を、内緒で予約して連れてきてくれた一樹さんに、お礼を言った。

一樹さんが無言で近寄って来たので、ドキッとしましたが、私の背中に手を回しただけで、再び、二人で夜空を眺めました^^
 

お喋りな一樹さんが黙って居る時は、何か言いたいことがある時だということが、最近分かってきました。

この時も、何か言いたいんだろうなと思いながら、一樹さんが話し出すのを待っていました。

お袋が会いたいと言っている

『あのね、まおさん・・・』

一樹さんは、必ず、この言葉で話を始めます。

『昨日ね、実家に帰ったんだ。お袋がさ、まおさんに会いたいって言うんだよ』

「え~っ!」

思わず、声を上げちゃった(;’∀’)

初めての経験で、なんと返事をすればいいのか分からない。

一樹さんも黙ったまま、何も言わない。

助けを求める相手も居ないので、一樹さんに聞いた。

「どうすればいいの?」

『どうすればって、まおさんが良ければ、一度、実家に顔を出して欲しいんだけどな』

「うん、分かった」

『でも、その前に、まおさんのご両親に、ご挨拶するのが筋かな?』

「え~、そうなの?」

正直、順番がワカラナイ(--〆)

ドッチガ サキダ?
 

スポンサーリンク


結婚の話を進めたい

一樹さんは『結婚の話を進めていきたい』と言ってくれた。

凄く嬉しい。

嬉しいけど、病気のことは?

「悪い結果もあるかもしれないよ?」

『良い結果しか思い浮かばないよ』

「でも・・・」

『結果が良くても悪くても、僕の気持ちは変わらない。まおさんと結婚する』

返事に困っていると、いきなり『「はい」と言わないと、湯船に沈めるぞ!』だって”(-“”-)”

沈める沈めないでモメて、湯船の中を逃げ回っているうちに・・・のぼせた(p_-)
 

急いで部屋に戻って、布団に寝転がった。

一樹さんが、笑いながらお水を持って来てくれた。

笑い事じゃないよ(ーー゛)
 

一樹さんを完全無視して、テレビを付けた。

地上波で「君の名は」が放送されていた。

三葉と瀧の、互いを想う気持ちにキュンとさせられる。
 

でも、一樹さんは、あまり興味がない様子。

思い切って声を掛けた。

「なんかピュアな気持ちになるね」

返ってきた返事は・・・

『う~ん。そうねぇ。。』だった。

現実の男子はこんなものか(笑)
 

でもって『それより、まおさんのお布団に行ってもいい?』だってぇ(ーー゛)

『それより』なんて言われちゃったもんだから、ちょっと意地悪言ってみた。

「何で?」(笑)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク