朝イチの喧嘩


まおです。

翌朝は、カーテンの隙間から差し込む、太陽の光で目が覚めた。

私は、相変わらず、一樹さんに背を向けたまま寝ていた。

背中で一樹さんの気配を感じる。

『まおさん、起きた?』

「うん」

後ろから、ギュッと抱きしめれられた。

『今日はどうしようか?』

「う~ん・・・」

『スポーツジムに行く?』

「なんかさ、辛いんだよね」

『まだ昨夜のこと怒ってるの?』

「昨日のこと?」

『いつまでへそを曲げてるの!』

そう言うと、一樹さんは、さっとベッドから抜け出して、寝室を出て行ってしまった。
 

そっか、昨夜、女性の車で送ってもらったことで、私がまだ怒っていると勘違いしたんだ。

そうじゃなくて、体が辛いんだよね。

私の言い方が悪かったな。

怒らせちゃったかな?

まずいな。謝りに行かなきゃ。

そう思って、重い体をベッドから起こした。

でも、頭が回らないし、動けない。

「消えてしまいたい」そんな気になる。

もう、ため息しか出ない。
 

スポンサーリンク


うつっぽい?

ボーっとベッドに座っていると、寝室のドアをノックする音が聞こえた。

一樹さんが、そ~っと入って来る。

どうしたのかな?

そう思っていると、スッと私の隣に座ってこう言った。

『まおさん、もしかして、うつっぽい?』

「へぇ?」

『気分的なモノかな?』

「うつって、鬱?」

『お薬飲んでるせいかな?』

「やだやだ、うつなんかじゃないよ!」

『先生から説明無かった?』

「無い無い。それにうつじゃない!」

『いつから?』

うつなんて、冗談じゃない!

寝起きが悪いだけだよ!

そう思って、立ち上がって身支度をしようとすると、腕を引っ張られて、再びベッドに座らされた。

『この間の電話の時から変だと思ってたんだよ。さっきは、声を荒げてごめんね』

「絶対、うつじゃない」(/_;)

『そうだね。うつじゃないね。うつっぽいだけだ』

「うつっぽくも無い」( ノД`)シクシク…
 

スポンサーリンク

薬の副作用?

リュープリン注射の時は「死にたくなったら or 脱毛が始まったら治療中止」と言われていたけれど、ジエノゲスト服用に際しては、特に副作用の説明は無かった。

ただ、先生がチラッと「この薬もどうかな?」的なことは言っていた。
 

後からググったら、うつの症状にぴったんこ当てはまったのだが、一樹さんに指摘された時は、全力で否定した。
 

「これ以上、病気の数が増えて、一樹さんに迷惑かけたくない」

だの

「うつになったら捨てられる」

だの

「うつだったら別れる」

だの、散々わめいた。

今思えば、精神的に不安定だったのかな?
 

でも一樹さんは、忍耐強く聞いてくれた。

そして『そうだね。うつじゃないし、うつっぽくも無いね。だからまおさんのこと、捨てないし、別れないよ。それでいいかな?』と。

「うん、いいよ」←何故か上から目線の返事

『ついでに聞くけど、朝食は、目玉焼きが良いかな?スクランブルエッグが良いかな?』と私を笑わせる。

だから遠慮なく「ゆで卵に、味の素かけて食べたい」とリクエストした。
 

二人でキッチンに立って、お鍋の中でふつふつと踊る卵を見ながら10分過ごす。

不思議だけれど、起きて活動を始めると、朝起きた時の「消えてしまいたい」的な気持ちはなくなる。
 

気持ちが沈むのは、朝起きた時だけ。

その後は、いつも通り日常生活を送れる。
 

婦人科系の疾患にプラスして、うつなんてことになったら、婚活や結婚どころじゃなくなっちゃう。

それに、これ以上、一樹さんに心配や迷惑は掛けられない。

だから、気合で治す!
 

ところで、うつって、気合で治るモノなのか?

でも、これ以上、飲む薬を増やしたくないから、やっぱ気合で治すしかないな。。。
 

気合だ!

気合だ!!

気合だ!!!

 ↓ ポチッ♪ <(_ _)>

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク