たこ焼きのお土産


まおです。

一樹さんがテニス仲間との新年会から帰宅したら、急いで1階の玄関まで迎えに出ようと思っていた。

でも、思いがけず、女性の運転する車で帰宅するのを目撃してしまい、立ちすくんだ。

今、出て行ったらダメだ。

そんな気がして、一樹さんが2階にあがって来るのを待った。
 

『ただいま!』

「お帰りなさい」

『ごめんね。10分遅刻した^^』
 

22時迄に帰宅すると言って出て行ったのに、約束の時間を10分過ぎてしまったと謝る一樹さん。

「10分の遅刻は大罪だよぉ(-“-)」

なんて冗談めかして言ったら、私の目の前に小さな紙袋を差し出した。

『まおさんに、お土産を買ってきたよ』

地元で有名なたこ焼きだった。
 

スポンサーリンク

タクシーで帰宅?

お茶を入れて、二人で向かい合ってたこ焼きをつまんだ。

だし醤油味のさっぱりとしたたこ焼きは、あっという間に二人の胃袋に消えてしまった。

「美味しかった。ご馳走様」

留守番をしている私のことを、気にしてくれた一樹さんの気持ちが嬉しかった。

「タクシーで寄り道してたから、10分遅くなっちゃたんだね。ありがとう」

さりげなく「タクシー」という単語を入れてお礼を言った。

『どういたしまして』

一樹さんは、否定しなかった。

女性に送ってもらった事を隠した。

嘘を付いた。

私は、そんな風に感じてしまった。
 

一樹さんが私に向けてくれる愛情は、疑う余地がない。

2次会を断って、お土産まで買って帰って来てくれた。

他に交際している女性が居るとか、微塵も疑ってはいない。

帰り道が同じ仲間に、送ってもらっただけ。

たまたま、それが女性だっただけ。

ただ、一樹さんがそれを内緒にしたことが嫌だった。
 

スポンサーリンク


背を向けて寝る

一樹さんがベッドに入って来た時、反射的に寝返りを打って背を向けてしまった私。

『まおさん、どうして今夜は反対を向いちゃうの?』

グズグズ悩んでいる自分が嫌だったので、思い切って聞いた。

「だって、一樹さん、赤いタクシーに乗って帰って来たんだもん」

『まおさん、見てたのか・・・』

「女性に送ってもらったこと、私に黙ってた」

『わざわざ報告することでもないかと思ったんだよ』

「タクシーで帰って来たって嘘ついた」

『嘘を付くつもりはなかったよ』

「分かってる。面倒くさいこと言ってごめんね」
 

どっちが悪いのか分からないけれど、取り合えず私が謝った。
 

結局、この夜は、一樹さんに背を向けたまま寝てしまった。

つまらないヤキモチ。

情けなくて泣きたくなるよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク