ソファーで居眠り


まおです。

遅い夕食を食べ終わり、ソファーでテレビを見ていたはずの一樹さん。

キッチンで洗い物を終えて、ふと気付くと、既に夢の中。

かろうじてソファーに座って居るけれど、体は大きく傾き、今にも滑り落ちそう。

さすがに、疲れちゃったんだろうな。

一生懸命、お仕事をしている姿とは全く違う、無防備な寝顔(寝姿)が愛おしい。

このままずっと寝顔を見ていたいけど、ベッドでちゃんと休まないと疲れが取れないだろう。
 

私は、一樹さんの耳元で囁いた。

「一樹先生、ちゃんと歯を磨いてベッドで寝て下さいね」

すぐに目覚めた一樹さん。

『まおさんに叱られちゃった』

そう言いながら、歯磨きを済ませ寝室へ消えて行った。

『まおさんも早く来てね。待ってるから』
 

スポンサーリンク


甘く囁く

15分程で私も寝室へ。

すると・・・

一樹さんは、ベットの中で上半身を起こしたまま寝ていた。

近くに本が落ちていた。

恐らく、本を読みながら私を待っていてくれたのだろう。
 

私は本を拾い、明かりを消してベッドへ入った。

一樹さんに顔を近づけると、浅い寝息が聞こえる。

どうしよう?

このままにしておく?

でも、肩が出ていて風邪をひきそうだ。

それに『待ってるから』と言われた(#^.^#)

声を掛けて起こすしかないな。
 

私は、一樹さんの耳元に唇を寄せた。

吐息が一樹さんに掛かるほど近く。

そして愛を込めて、優しく、切なく

甘く甘く囁いた。
 

「ブラジルの人

 聞こえますかぁ~!」
 

スポンサーリンク

甘い夜

一樹さんは、すぐに覚醒した!

『もしかして、僕、ブラジルに居た?』

「たぶん・・・ね(笑)」

『まおさんを一人残して?』

「そう、ひとりぼっちだった」

『ごめん、ごめん』

「肩までお布団の中に入って。風邪ひいちゃうよ」

『大丈夫。まおさんが隣に居るから温かい』

「そうだね。二人だとあったかいね^^」

『もっと、あったかくなる?♥』

「・・・うん♥」
 

甘く囁いた、甘い夜でした(#^.^#)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク