2連泊しちゃう


まおです。

昨夜1泊して、今夜は帰る予定でした。

一樹さんが、今夜、テニス仲間との新年会の予定があったから。

でも『もう1泊していけば?』

そう言われて、甘えました。
 

『22時までには帰るから』

そう言って、一樹さんは新年会へ。
 

今夜も広いリビングに、ぽつんと一人。

一人でテレビを見ても面白くない。
 

一樹さん、早く帰って来ないかなぁ~。

昨夜と同じ状況だ(^_^メ)
 

スポンサーリンク

昨夜のこと

昨夜、一樹さんの仕事が終わったのが21時半近く。

従業員さん達の車がなくなって、間もなくして、医院と自宅を繋ぐドアが開く音がした。

一樹さんが『まおさん、お待たせ~』と大きな声を出しながら、階段を急いで上がって来た。

自宅リビングのドアを開けて迎えに出ると、一樹さんは両手を胸の前で合わせ、ごめんねのポーズで立っていた。

「ふふふっ。。、お帰りなさい^^」

『ただいま。ごめんね』

「お疲れ様。大変だったね」

『まおさん、ご飯まだ食べてないの?』
 

晩ご飯は、先に食べるように言われていた。

時間通りに薬を飲めるように、気遣ってくれたのだ。

「今朝、飲んだのが遅かったから。大丈夫だよ」

そう伝えて、一樹さんがお風呂から出てくるのを待って、一緒に食事をとった。
 

スポンサーリンク


どうしたの?

私の作ったオムライスを『懐かしい味がして美味しい』と言いながら食べてくれた一樹さん。

ポトフも『野菜が沢山取れて嬉しい』とおかわりしてくれた。
 

ひと段落ついて、今朝の電話のことを聞かれた。

『(泊まりに来ること)「どうしようかなぁ」なんて言われたから、俺、フラれたかと思ったよ』

「何か悪い事でもしたの?」

『してません(←キッパリ)』

どうしてあんなこと言ったのかと聞かれたけれど、答えられなかった。
 

気が乗らなかったなんて失礼だし。

自分でも説明のしようがない。

最近、朝はテンション低いんだ。

この世の終わりみたいな気持ちになる。

自分だけ取り残された気がする。

でも、そんなことを話したら、一樹さんに、また心配を掛ける。

そう思うと、下手なことは言えない。

余分なことは言わずにおこう。

一樹さんだって、仕事で疲れてるんだ。

余計な心配を掛けちゃダメだ。

そう思って頑張る。
 

早く一樹さん、帰って来ないかなぁ~。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク