20時半だけど


まおです。

広いリビングに一人ぽつん。

20時半を過ぎたけれど、

一樹さんが帰ってくる気配がない。

帰って来ないとは言っても、

医院に居ることは分かっているから

寂しくはないけれど。

待ち遠しいと言うか・・・

ん~、ちょっと違うな。

恋しいとでも言うのかな?

早く、お仕事終わらないかな。
 

スポンサーリンク

元気ならいいよ

一樹さんの自宅に着いたのは15時頃。

着いてすぐ、歯科医院と自宅の通路のドアが

開いた音がして、一樹さんが上がって来た。

リビングのドアを開けて私を見つけると

『来たね^^』と。

「お邪魔してます」

『タクシーから降りるの見えたから』

「そうだったんだ^^」

『元気そうで安心した』

「ごめんね。心配してくれたんだ」

『患者さん多くて、今夜は遅くなるかも』

「うん。分かった。頑張ってね」

言葉を交わしたのは、ほんの30秒。

すぐに、医院に戻っていった。
 

今朝の電話で

私が変なこと言っちゃったもんだから

様子を見に来てくれたみたい。

心配を掛けてしまったことを反省。
 

『ケチャップ味のオムライスが食べたい』

そんな一樹さんのリクエストに応え

晩ご飯は、オムライスとポトフ。
 

何も手伝えない自分が、もどかしい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク