お願いします

まおです。

大地さんから『まおちゃんのお友達を、僕に紹介して!』と言われて、困ってしまった私。

一樹さんは『図々しい男だろ?無視しといて』と笑っていました。

しかし、大地さんは優しそうな良い方なので、お相手が見付かれば連絡することにしました。

心当たりがないわけではないのですが、問題は「距離」です。

私の地元から一樹さんの自宅まで、車で1時間半。

更に、一樹さんの自宅から大地さんの自宅まで、車で2時間。

つまり、私の地元のお友達を紹介するとなると、車で3時間半近く移動しなければなりません。

地元のお友達は、ちょっと難しいかもなぁ。
 

スポンサーリンク

床で寝た?

おせちパーティーは朝方まで続きました。

私は、途中で眠くなり、先に寝室のベッドで休ませてもらいました。

一樹さんと大地さんが、何時まで飲んでいたのかは分かりません。
 

私が目覚めたのは9時過ぎ。

リビングは静かでしたので、一樹さんと大地さんはソファーで眠っているのだろうと思いました。
 

着替えて、リビングの片付けと朝食の準備をしたくて、寝室から出ようと思ったのですが、寝室のドアが開かない。

えっ?何で開かないんだろう。

そう思って、思いっきり押し開けようとすると、2~3センチ開いたドアの隙間から毛布が見える。

誰だ?こんな所に毛布を置いたのは(ーー゛)

毛布が挟まってドアが開かないと思った私は、全体重をかけてドアを押し開けました。

すると。。。

『まお・・さん・・・イタイ』

「へっ?」

ビックリしてドアから顔を出すと、毛布にくるまった一樹さんが、床に寝ている!

「何してるの?!」

寝室から出られない私に気付いて、大地さんがソファーから起き上がり、一樹さんを毛布ごと引きずってドアを開けてくれました(・_・;)
 

何事かと思って理由を聞くと

『夜中に酔っぱらった大地が、まおさんの寝室に入らないように入り口で寝た』と。
 

酔っぱらっているのは

一樹さん

貴男ですっ!!
 

スポンサーリンク


一樹さんは変わった?

一樹さんと大地さんが、交代でシャワーを浴びている間に、リビングの片付けとお雑煮を作ろうと思った私。

しかし、リビングは綺麗に片付けられ、洗い物はまとめて水に付け置きされていました。

二人とも、目を見張るほどの家事力です。
 

結婚しても家事をしてくれたら、奥さんは楽だな!
 

そんなことを考えながらキッチンでお雑煮を作っていると、大地さんが隣でお餅を焼いてくれながら『まおちゃんと出会って、一樹は変わった』と言ってくれました。

『角が取れて丸くなった』のだそうです^^

『具体的に、どこがどう変わったかと言われると困るけど、自分にも他人にも優しくなった』と。
 

何だか凄く嬉しい(#^.^#)

一樹さんが変わったということも、そして親友の大地さんからそう指摘されたことも、どちらもとっても嬉しい。

『一樹のこと、宜しくね!』なんて言って貰えて、涙が出そうなくらい嬉しかった。
 

私も大地さんも話に夢中で、お餅を焦がしちゃったけれど、一樹さんは文句を言わずに平らげてくれました(^_^メ)
 

「一年の計は元旦にあり」と言います。

一樹さんと一緒になれたら良いな。

そして一樹さんも、同じように考えていてくれたら嬉しいな!
 

ただひとつ気がかりなのは病気のこと。

このところ調子が良くて、自分でも忘れてしまっていることが多いのですが、来週、MRIの造影剤を入れる撮影の予約が入っています。

予約日を待ちわびていたのですが、いざ近づくと気持ちが落ち込みます。

正直、不安な気持ちで一杯。
 

一樹さんとの関係が深くなればなるほど、幸せな気持ちと比例して、不安な気持ちも大きくなります。
 

あっ、新年早々マイナス思考じゃダメですね。

忘れて下さい(^_-)-

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村