会えなくて


まおです。

昨日の日曜日は大安。

3組の披露宴を担当したので、一樹さんには会えませんでした。

クタクタになって家に帰り、一樹さんと話が出来たのは23時近く。

『お疲れ様。大変だったね』

その一言に、疲れた心と体が癒されました。
 

「何だか涙が出ちゃう」

『どうしたの?何かあったの?』

「そうじゃないよ。一樹さんの声を聞いたらホッとした」

『それなら良かった^^』
 

無事に仕事が終わって

緊張がほぐれたのと、

一樹さんに会いたくても

会えなかった寂しさと、

仕事を優先してしまった気がして

申し訳ないような気持ちと。

とにかくいろんな気持ちが入り交じって、何だか涙が出た。
 

スポンサーリンク


同棲はしない

『隣にまおさんが居ないと、何をしてもツマラナイと思ったよ』

そう言われて、深く考えずに口にしてしまった。

「じゃあ、同棲しちゃう?」

『同棲はしないよ』

「どうして?」

『ケジメかな?』

「結婚するまでは、一緒に住まないってこと?」

『結婚の日取りがちゃんと決まっているのならいいけど、そうでなければまおさんに迷惑が掛かる』

「メイワク???」

『俺は男だから何を言われてもいいけど、世間は、まだまだ女性に厳しいから』

「なるほど^^」

『まぁ、お泊りしちゃえば一緒って言えば一緒だけど(笑)』

「でも、日常的じゃないからね^^」
 

一樹さんらしい考えだな^^
 

そう言えば、同棲していた友達が

「同棲はどうしても女性に家事の負担が来るから、共働きなら絶対に辞めときな!」

って、言ってたっけ。
 

それに、一樹さんと初めて出会った婚活パーティーで

『仕事が忙しくて家事分担は出来ない』

と、はっきり言われていた。

 デートしませんか?

私も仕事が繁忙期だし、実際問題、同棲は難しいか。。。
 

スポンサーリンク


親孝行してあげて

『それに結婚するまでは、ご両親の側で親孝行してあげて。人生で、両親の側で暮らす時間って、意外と短いんだよ』

「優しいね、一樹さん」

『僕は大学入学と同時に実家を出ちゃったし、親父も早くに亡くなって、親孝行なんて全く出来なかったからさ』

「親孝行かぁ。難しいなぁ~」

『特別なことをするのが親孝行じゃないよ。朝起きたら「おはよう」って言って、仕事から帰ったら「ただいま」って言って。毎日、元気な顔を見せてあげれば、それだけで十分親孝行だよ!』

「そうか^^」

『もちろん結婚しても、実家に帰りたいときは、いつでも帰ってくれていいけど、さすがに毎日顔を出すわけにはいかないだろ?』

「うん」

『だから今のうちに、ご両親と沢山コミュニケーションを取ってあげなよ』

なるほど!それも親孝行だよね。
 

両親と暮らせるのも、あと半年ちょっとかな?

母と買い物に行ったり、ドラマを見ながら結末を予想したりも出来なくなるのかな?

父には、パソコンの使い方をちゃんと教えておいてあげないといけないな。

そう考えたら、急に寂しくなった。

今のうちに両親に、沢山甘えておこう(笑)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク