税理士の翔平さんとのその後


まおです。

今日は、税理士の翔平さんとのその後です。

   一円単位で割り勘にする男って・・・

結論から言ってしまうと、お断わりしました。

バツイチ歯科医師の一樹さんに交際を申し込まれたのが理由ではありません。

翔平さんとは、そもそもご縁がなかったのだと思います。

スポンサーリンク


パーティーの後もメール交換

婚活パーティーが想定外の顔合わせとなった私と翔平さん。

婚活パーティー後の喫茶代を一円単位で割り勘にしたので、恐らく、翔平さんは私のことを気に入らなかったのだと思っていました。

気に入った女性ならば、相手に良いところを見せようと、私の分も支払ってくれたと思うから。

しかし予想に反して、婚活パーティー後も、翔平さんからのメールは途絶えることはありませんでした。

むしろ積極的になり「またお会いしませんか?」と誘って下さるようになりました。

私の方は、少しテンションが下がり気味ではあったのですが、まぁ、熱心に誘って下さるなら、もう一度、会ってもいいかなという気持ちになりました。

スポンサーリンク

やっぱり割り勘なのね

翔平さんとはお休みが合わないので、火曜日の夜に駅で待ち合わせ、歩いて食事に出掛けました。

行動範囲も限られ、なかなか気の利いたお店も見つからず、結局、駅ビルのオムライス専門店に入りました。

店内は来店客も少なめで、話をするには丁度いい雰囲気でした。

翔平さんとお会いするのは2回目ですが、メール交換をするなかで、ある程度のことは話していたので、もう随分前からの知り合いの様な感覚でした。
 

よく言えば、気を遣わない。

悪く言えば、ときめかない。

そんなお相手です。
 

話をしていて、気楽でいいけど、退屈しちゃう。

テーブルの下でスマホを取り出し、時間を確認しながら「早く帰りたいな」と思ってしまいました。

もう、この段階で「お断わり」しようと決めていましたが、帰り際に、その気持ちを確実にすることが起きました。
 

そう、1円単位の割り勘です。

私の食事代は1350円に消費税です。

翔平さんは、ササッと計算して「まおさんは1458円ですね。」と。

こうなることは想定済みでしたので、私はあらかじめ小銭を沢山用意していました。

テーブルの上に千円札と百円玉4枚と50円玉1枚・・・そして5円玉を探したのですが出てこない。

仕方ないので1円玉を7枚出したのですが、最後の1枚が見つからない。

困ったな1円足りない。

ならば1460円出して、2円お釣りをもらおうと思ったら、翔平さんがこう言った。

『1457円でいいですよ。1円は僕が出しますから』

どうなのこれ?

1円足りなかったばっかりに、上から目線で『僕が出しますから』と言われてしまった。

例え1円であってもご馳走してもらったことに変わりないので、私は丁寧に「では、お言葉に甘えて。ご馳走様です。」と伝えました。
 

30歳を過ぎて、婚活目的で会った女性に1円単位の割り勘を求めるってありなのかな?

私には無理だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク