婚活パーティー終了後の出来事


まおです。

日曜日の婚活パーティーで、アドバイザーさんから紹介された男性のことは、また次回、お話するとして、今日は「ふてぇ野郎」こと翔平さんの話です。

昨日の記事でもお話した通り、翔平さんは、私がフルネームを名乗ったにも関わらず、私がメール交換相手だと全く気付きませんでした。

尚且つ、私とデートする気はないが、婚活パーティーには参加するんだと思うと、腹立たしく感じました。

私は、パーティー中は完全無視。

翔平さんからもアプローチはありませんでした。
 

しかし、婚活パーティー終了後、私が会場を出て一人で歩いていると、後ろから男性が「まおさん、すみません。」と声を掛けてきました。

振り返ると、そこには翔平さんが立っていました。

スポンサーリンク


お茶でもいかがですか?

婚活パーティーが終わって、完全に気を抜いている時に、突然、後ろから声を掛けられたものだから、『お茶でもいかがですか?』と言われ、思わず「あっ、はい。」と答えてしまった私。

近くにあったカフェに、二人で入りました。

ちょっとお腹が空いていたので、二人でコーヒーとケーキを注文。

注文を聞きに来てくれた店員さんが去ったあと、とても気まずい雰囲気が流れました。
 

お茶なんて断ればよかったな。

あぁ、居心地悪いな。

でも、私が気を使って話題を提供する必要もないし。
 

そんな風に後悔していると、翔平さんが「先程は、気が付かなくてすみませんでした。」と謝ってきました。

相手が謝って来ると、さすがの私もヘソを曲げたままというわけにもいかないので「いいえ、気にしてませんから。」とサラッとかわしました。

その後は、「いつもメールありがとう」とか「今日はどうでした?」とか、良くも悪くも普通の会話が続きました。

話をしてみると、悪い人ではなさそうでした。

『甘党』と言うだけあって、ケーキを食べながら、コーヒーにも砂糖を入れていたのでビックリしましたが、タバコも吸わないし、歯も綺麗だし、「一次審査は合格」かな?
 

翔平さんは、今日のパーティーで収穫はなかったようです。

まぁ、だからこそ私に声を掛けてきたのでしょう。

小一時間ほど話をして、また、メールで連絡を取り合いましょうということになりました。

スポンサーリンク


会計時に問題勃発!

時間も遅くなってきたので、そろそろ帰ろうと席を立とうとしたら、翔平さんが「961円ですね」と言った。

2人とも同じ物を注文したので「ひとり961円」という意味だろうと思った。

さすが税理士さん。計算が素早い!

私は席を立って会計へ向かおうとしたのですが、翔平さんは座ったまま。

帰らないの?と不審に思っていると、翔平さんはおもむろに財布を取り出した。

この場で、お金を用意してから会計レジへ行こうとしているらしかった。

あんまりモタモタしているので、何をしているのかと見ていると、何と、財布の中から500円玉と100円玉と10円玉をジャリジャリ出している。

私はピンと来た。

割り勘にしたいんだと。

私は急いで、自分の財布を取り出し、1.000円札を翔平さんに差し出し「私の分、これでお願いします。」と言った。

すると翔平さんは、自分の財布の中を更にジャリジャリさせ、私にお釣りを渡そうとしてくるが、小銭が足りないようだった。

私は「お釣りはいいですから」と伝えた。

結局、会計を終えた後、細かくなった小銭で、私に39円のお釣りを返してきた。

1円単位の割り勘って、人生で初めてかもしれない・・・。

スポンサーリンク


割り勘ってどうなのかな?

初対面の方との飲食代って、皆さんはどうしているのでしょうか?

私は、男性に支払って欲しい派です。

会計の後に、自分の分はそっと手渡しますが、これまで受け取った男性はいらっしゃいませんでした。

学生さん同士だったら、割り勘でいいと思うのですが、30を過ぎた男性がテーブルで小銭をジャラジャラさせるのは抵抗があります。

ましてや、婚活で出会った相手なのですから、最初の支払いは頑張って欲しかった。

何だか、同僚とのランチの後の清算タイムみたいでガッカリしました。
 

もちろん、毎回、男性に出してもらおうとは考えていません。

この時だって、翔平さんが全額出してくれていれば「ご馳走様でした。今日のお礼に、今度、美味しいチョコレートケーキをご馳走させて下さい。」と言えたのに。

次につながる、きっかけにもなるので、私は最初は男性に出してもらいたい派なのです。
 

んっ、何? 翔平さんは私を気に入らなかったんじゃないかって?

何だ、そーゆーことか!(-_-;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク