長文メールに戸惑う


まおです。

婚活サイトで交際を申し込まれている翔平さん。

なかなかお会いできないので、メール交換をしていることは昨日書きましたが、日を追うごとにメールが長文になります。

今日も、翔平さんから届いたメールを開いてびっくり!

超大作の長文でした。

数えていませんが、恐らく軽く2000文字は超えていると思います。

返信・返信・返信でやり取りしているので、余分は文章は削除していくんですが、それでもこの文字数。

どれだけの時間を割いて、メールを打ってくれているのでしょうか?

もしかしたら超高速ブラインドタッチが出来るのかもしれません。

しかし、文章を考えるだけでも大変な時間と労力がかかるはずです。

スポンサーリンク

漢字が多い

税理士さんという職業柄、几帳面というか、文面から固い印象が感じられます。

良く言えば、ビジネス用の文章というか、ちゃんとした文章です。

礼儀正しい感じもします。

しかし逆を言えば、堅苦しい文章です。

文章の中に漢字が多く使われているからかもしれません。

例えば「ありがとうございます」ではなく「有難う御座います」と書かれています。

職業イメージも手伝って、なかなか几帳面な方のように感じています。

そんな雰囲気のメールなので、私も絵文字なんて絶対に使えません。

せいぜい「!」とか「?」くらいしか使いません。
 

個人的にはメール等で柔らかい印象を持ってもらいたいと思う時は、漢字ではなく、あえて平仮名を使うこともあるのですが、もしかしたら「漢字の掛けない子」と思われているかもしれません(-_-;)

スポンサーリンク


デートに誘ってみよう

ちょっとメールの返事を打つのに時間が掛かって苦痛になって来たので、思い切ってデートにお誘いしてみようと思います。

仕事終わりに1時間くらいお会い出来ないか、相談してみようと思います。

どちらかといえば、私は男性から誘ってもらいたい派なんですが、そんなことも言っていられません。

毎晩、メール返信に1時間もかかるなら、多少無理をしてもお会いした方が話が早いですもんね。

早速、今晩、メールで予定を聞いてみようと思っています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク