明さんとのこと


まおです。

日曜日にお見舞いに来てくれた明さん。

一樹さんと鉢合わせしたので、月曜日はもう来ないだろうと思っていたのですが・・・

来てくれた。

「来てくれた」と言うより

「来ちゃったの?」的な感じかも。
 

お見舞いの気持ちは本当に嬉しいです。
病気で気弱になっている一人ぼっちの病室に
ふらっと現れ5分で帰る。

不安な気持ちをしばし忘れ、心が暖まります。

でも、明さんとことは私の中で過去のことになっていたので、毎日現れる明さんに戸惑ったのも事実です。

スポンサーリンク


食事のお誘い

この日の帰り際、明さんから『元気になったら、また食事に行きましょう!』と誘われました。

私は失礼のないように「そうですね。皆で行きましょう!」とお返事しました。

二人だけでは行きませんよという意思表示でした。
 

しかし明さんはすぐに

『二人きりではダメってことですか?』と。

「えっと、はい。すみません」

『どうしてですか?』

「実は、お付き合いを始めた方が居るので」

『昨日、病室でお会いした一樹さんですね』

「あ、はい」(名前を知ってるの?)

『とても良い方ですね』

「え?」

『今、まおさんは具合が悪くて眠っているけど、宜しかったらどうぞって言ってくれたんですが、お邪魔だと思ってチョコだけ渡して帰りました。』

そうなんだ。
一樹さんが追い返したわけじゃなかったんだ。

スポンサーリンク


天秤OK?

『ご結婚されるんですか?』

明さんは、物事をハッキリ言うタイプです。

遠慮なんて言葉は、明さんの辞書にはありません。
 

ストレートな質問に動揺した私。

「まだお付き合いを始めたばかりなので」

馬鹿正直に答えていました。
 

すると明さん

『じゃぁ、食事くらいは良いですよね?』

「はい。いや、あんまり・・・」

『ご結婚が決まっているなら諦めますが、そうでなければ良いでしょう?』

「でも二人きりはちょっと」

『何なら天秤にかけてくれて構いませんよ』

「そんな女性が好きなんですか?」

『最終的に、僕の所に来てくれれば問題ありません』

「私はそういうことは出来ないので」

『まおさんの、そんな所が好きなんです』

「・・・・・。」
 

住宅メーカーのトップセールスマンで自信家の明さん。

ここまでハッキリ言われると、その男らしさに一瞬心が揺れました。

「一瞬」だけですよ。
 

こんなに面と向かって告白されたら、
落ちる女性も居るかもと思いました。

一樹さんのことを「とても良い方」と肯定し
その後で、自己アピールをするって王道だ。
 

ただ、その自信過剰な所にちょっと驚く。

でも、それも作戦かもしれない。

しかし、その作戦には乗れない。
 

お見舞いをお断りしても来てくれる明さんに「明日(火曜日)に退院出来そうです」と伝えました。

もちろんまだ退院の日は決まっていなかったのですが、こうするより他に方法がありませんでした。

それ以降、明さんはいらっしゃいません。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク