病室にて


まおです。

台風が接近してきていますね。

皆さんのお住まいの地域は大丈夫ですか?

大きな被害なく通過してくれるといいのですが。
 

さて、今日は日曜日。

入院して1週間が経過しました。

一樹さんが、またお見舞いに来てくれました。

そして今日も夜まで付き添ってくれました。

沢山迷惑を掛けてしまって

申し訳ない気持ちです。
 

今日の話は、明日、ご報告するとして、

今夜は、別の男性のお話です。

スポンサーリンク


一番にお見舞いに来てくれた人

入院したことは、ラジオ局と式場には

伝えてありません。

一方、イベント会社の社長の

三ちゃんには連絡しました。

イベントの打ち上げに誘って頂いていたので、入院した当日に、欠席の連絡をするついでに伝えました。
 

私の入院を知っている人は、

ごく限られています。
 

そんな中で、一番にお見舞いに来てくれた人。

それは明さんでした。

   明さん、住宅営業マン年収1.5000万円オーバー!

   明さんと、じ・えんど
 

入院したその日の夜20時近く。

もう、面会時間も終了間近の時間でした。
 

病室のドアが開く音と同時に

『今晩は』

という、聞き覚えのある声が。
 

まさか!!と思いましたが、

カーテンを開けて入って来たのは、

あの明さんでした。

恐らく、三ちゃんから連絡がいったのでしょう。
 

お会いするのは2ヶ月振りくらいでしょうか?

ビックリし過ぎてポカンとしている私に、

お見舞いのお花と、小さな白い箱を差し出しました。

箱の中身はケーキ

『甘いものが切れると、

 まおさん生きていけないでしょ?』

そう言って笑った明さんの

歯が白い!!!

いや、見間違いかも。。。

スポンサーリンク


毎日お見舞いにやって来る明さん

その日以降、明さんは毎日お見舞いに来てくれました。

来てくれるのは、毎日19時過ぎ。

恐らく、仕事終わりに寄ってくれるのだと思います。

毎日、お菓子や雑誌を持ってきてくれます。

私がコーヒーが好きなのを知っていて、

スタバのラテを届けてくれる日もありました。
 

3度目のお見舞いに来てくれた時、

もう元気になったからと

やんわり「お断わり」したのですがー。

「帰り道にちょっと寄るだけだから」と、

それ以降も毎日来てくれています。

お見舞いに持ってきてくれる品物をみると

「帰り道にちょっと」

ではないことは明らかです。
 

明さんが、どういうつもりで毎日お見舞いに来てくれるのか分かりませんでした。

が、いつかの帰り際「また、食事に行きましょう」と言ってくれたのを聞いて、少し心が動いてしまいました。
 

もちろん、好きなのは一樹さんです。

明さんと食事に行くつもりはありません。
 

ただ病気で気弱になっていたし、

お見舞いに来てくれた明さんに

『お断わりします』とは言えませんでした。
 

また、歯科衛生士の松浦さんの件で、

疑心暗鬼になっていた時でもあり

ハッキリ断わりませんでした。
 

そしてこのことが、後の小さなトラブルになるとは、思いもしませんでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク