まおです。

婚活を再開しつつあるのですが、今ひとつ「ピン♪」と来るご縁がありません。

お相手のプロフィールや写真を拝見しても、また複数交際の餌食になるかもと考えると、「余程のお相手」でないと積極的に会おうという気持ちになれないかも。

「余程のお相手って?」と質問が出そうなので、あらかじめ書いておくと、例えば「アラブの石油王」とか「伊勢谷友介さん」とか\(^o^)/
 

どアホで、すんません<(_ _)>

スポンサーリンク


どんな人がタイプ?


今日は外出の予定もなく、自宅でナレーションの原稿書きをしていた。

お昼を少し回った頃、スマホが鳴ったので出ると、イベント会社の社長さんからだった。

面倒見の良い体育会系の社長の名前は「三好さん」

しかし、誰も彼のことを三好さんとか、三好社長とは呼ばない。

「三ちゃん(さんちゃん)」と呼ぶ。

三ちゃんは、フレンドリーで人望が厚く、誰に対しても分け隔てなく接してくれる。
 

そんな、三ちゃんのスマホから電話。

何だろう?

仕事の依頼は、いつも事務所の固定電話から、事務のお姉さんが連絡を下さるので、三ちゃん直々の連絡は珍しい。

急いで電話に出て、あいさつを済ませると、三ちゃんは、いきなり本題に入った。
 

三ちゃん『まおちゃん、彼氏募集中なんだって?』

ま  お「お~、地獄耳ですねぇ。それはどこからの情報でしょうか?」

三ちゃん『悪いが情報源は明かせない(笑)』

ま  お「だいたい分かりますから、いいです。”(-“”-)”」

三ちゃん『で、ひとり紹介したい男が居るんだけど、今晩どう?』

ま  お「いきなりですか?さすがに今晩は・・・うやむや・・・」

三ちゃん『じゃぁ、明日の夜は?』

ま  お「そうじゃなくてですね。私、結構、理想が高いんで・・・うやむや・・・」

三ちゃん『その理想とやらを教えてよ!』

ま  お「えっとぉ、仕事が出来て、頭が良くて、誠実で、年収1.000万円以上で、伊勢谷友介さんみたいな人!!」
 

もう、断る前提で、無理な条件を並べた。

さすがに、これだけの条件を言えば、三ちゃんも紹介しようなんて思わないだろうと考えた。

しかし、予想はハズレて・・・

三ちゃん『よし!全条件、クリアしてるぜ!じゃぁ、明日の夜な!』

ま  お「ええっ?三ちゃん、調子良すぎませんか?」

スポンサーリンク


金曜日の夜に会うことになった

冷静に考えれば、調子良すぎるのは私の方だ。

三拍子も四拍子も揃ったイケメンでなければ会わないなんて、身の程知らずもいい所だ。

ただ、人の紹介で会った場合、断る時に断りにくい。

それが苦手で、これまで他人の紹介で男性に会ったことは無かった。

しかし、今回は断る間もなく、強引に、三ちゃんに呼び出されてしまった。

・仕事が出来て

・頭が良くて

・誠実で

・年収1.000万円以上で

・ルックスが伊勢谷友介さん

そんな男性が居るのだろうか?

ちょっぴりワクワクしてしまう反面、三ちゃんは「伊勢谷友介」を知っているだろうかという不安が渦巻いている。

頼むよ、三ちゃん。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク