華さんに会いに


まおです。

華さんのお母様が、華さんの眠る墓地に案内してくれました。

小高い丘の上にある墓地は見晴らしがよく、遠くに海も見えました。
 

真新しいお墓に眠っているのは、華さんだけ。

「いずれ私と主人も、ここに入る事になるわ。」と、華さんのお母様は笑っていらっしゃった。
 

でも、お母様の心中を思うと複雑だ。

まさか華さんが、最初に、この墓地に眠ることになるなど、御両親は想像もしなかっただろう。
 

「頑張り屋で思いやりのある子だったけれど、順番を守らないなんて。こんな親不孝な事はないわよね。」

そう言って笑った、お母様の横顔が寂しげだった。
 

スポンサーリンク


お別れのとき

華さんのお別れの時は、突然だったそうだ。

それまで調子良く過ごしていたのに、亡くなる2日程前から、意識が混濁するようになったらしい。
 

お別れのときは、家族と交際していた男性に見守られながら、息を引き取ったそうだ。

眠ったまま、小さなため息をつくような呼吸を最後に旅立ったと、お母様が話して下さった。

とても穏やかで、優しい顔をしていたと伺った。

本当に静かな旅立ちだったと。。。
 

「人は死んだらどこに行くのかな?」

そんな話を華さんとしたことがあった。

「天国かな?地獄かな?」

笑いながら、でも真剣にそんな話をした。
 

でも今、分かった。

人は死んだら、自分のことを思ってくれる人の心の中で、生きていくんだと思う。

それを「思い出」と呼んでいいのか分からないけれど、今、華さんは私の心の中に居てくれる気がする。
 

華さんと過ごした時間は1ヶ月程。

短い間だったけれど、華さんと出会えて本当に良かった。

毎日を精一杯生きることを教えてくれた華さんに、ありがとうの気持ちを伝えたい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク