ブライダル司会


まおです。

昨日から外泊許可を得て、

ブライダルの仕事の為に

一時、実家に戻っています。
 

半年以上前に、新郎のお母様から

ご指名を頂いていた今日のお仕事。

体調が悪くお断わりすることになったら

どうしようかと悩んでいましたが、

無事に務めることが出来ました。
 

2ヵ月振りの仕事で少々緊張しましたが、

逆に良い緊張感となり、以前と変わらず

仕事が出来たことで自信になりました。
 

スポンサーリンク


20代半ばの新郎新婦

今日の新郎新婦様は、20代半ばのお若いお二人でした。

遠目からも、お二人の緊張した様子が、はっきりと伺えました。
 

新郎はソワソワ。新婦はキョロキョロ。

そしてそんなお二人を心配するご家族。
 

新郎新婦がお若ければ、当然、列席されるお友達も若い!

恐らく結婚披露宴に出席するのは、初めてではないかと思う。

皆さん席に着くと、背筋をピンと伸ばし、ひと言も喋らず、とてもお行儀が良い^^
 

食事が始まっても、料理に手を付けるタイミングが分からない様で、両隣のお友達と目配せをしている。

スマホで新郎新婦と写真を撮りたいけど「撮っていいの?」的な雰囲気が漂っている。

マイクでご案内すると「撮ろう!撮ろう!」と一斉に新郎新婦の元に駆け寄っていた。
 

新郎新婦の初々しい様子と、

「初めての披露宴」に出席したお友達。

そして末席から心配そうに見守るご家族の眼差し。
 

心温まる、ほんわかしたご披露宴でした。
 

スポンサーリンク


心配された

仕事は無事終わったものの、

久しぶりに会った式場スタッフからは

「まおさん、どうかしたの?」

「随分痩せたよね?」

「誰だか分からなかった!」

「どこが悪いの?」

などなど、色々心配して頂いた。
 

ふんわりした式服で、体型をカバーしたつもりだったけれど、バレバレだった。

一樹さんから頂いた婚約指輪も、左手の薬指でクルクル回ってしまう。
 

さすがに「お大事に」と言われた時は、凹んだよ。

医師や看護師さんから言われるのとは全く違う。
 

誰から見ても病人なのかな?

細くなった腕や足を見ると、

ため息が出ちゃう。
 

女性として魅力がなくなっちゃった。

そう思うと辛い。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク