一樹さんに詰め寄った


まおです。

華さんの訃報を聞いた夜、

一樹さんの前で泣きました。
 

突然すぎて受け入れられないこと。

お見舞いに行けなかったこと。

そしてお別れにも行けないこと。
 

『まおさんが、ショックを受けるだろうと心配だった』

私は華さんの病状がこんなに悪いとは、

全く気付いてはいませんでした。

しかし一樹さんは、華さんの様子から

思わしくないことを察していたようです。
 

「どうして、あの時、教えてくれなかったの?無理してでもお見舞いに行こうって言ってくれなかったの?」

私は、やり切れない気持ちを、

一樹さんに向けてしまいました。

『熱があるのが分かっていて、ホスピスにお見舞いに行けないでしょ?』

もちろん分かっている。

華さんにも、他の患者さんにも迷惑だ。

それでも一樹さんに詰め寄ってしまった。
 

そしてそんな自分が情けなかった。

何より悔しかった。

あんな大事なタイミングでどうして

熱なんか出ちゃったんだろう。
 

スポンサーリンク


お別れに行けない

一番辛かったのは、華さんのお別れの式に出席出来なかったこと。

お別れの日は、酷暑で41.1度を記録した22日の月曜日だった。

私の熱は下がっていたものの、貧血が改善されていなかった。

また、華さんのご実家が遠方だったこともネックになった。

担当医の先生から「この猛暑で健康な人でも外出は危険。発熱の原因もはっきりしないし許可出来ない。付き添いがあってもダメ」そう言われてしまった。
 

結局、華さんのお別れの式が執り行われた日は、華さんと交換したLINEの記録を眺めて、ひとり病室で偲びました。
 

スポンサーリンク


華さんが教えてくれたこと

華さんと過ごした時間は、ほんの僅かでした。

でも、華さんは沢山のことを教えてくれました。
 

まおさん、人生って意外と短いよ。

泣いて過ごしても、笑って過ごしても、同じ1日。

過ぎたことを悔やんでも仕方ない。

誰の人生でもない、まおさんの人生だもん。

他人がどう思ったって関係ない。

まおさんの思うように生きればいいよ。

他人の価値観に振り回される必要なんてない。

結果がいつも吉と出るわけじゃないけど、

やらない後悔をして欲しくない。

まおさんは幸せ者だよ。

あんなに大切にしてくれる人がいる。

二人で歩んだら、人生10倍楽しいよ。

最後の最後に「楽しかった」って思って

人生終わりたいよね^^

私の人生も十分楽しかったよ。

ちょっと短かすぎたけど(^_-)-☆

そう言ってケラケラッと笑った華さんの声が、今も耳元で聞こえるような気がする。
 

ありがとう、華さん。

そして、さようなら。

また会う日まで。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク