発熱でダウン


まおです。

外泊を終えて病院に戻った翌朝。

7度8分の発熱でダウンした。
 

そんなに高熱ではないのに、

体力が落ちていたからか少々堪えた。

久し振りの真夏の外出の疲れと、

気が抜けてしまったのとで、

1日中ベッドで横になったまま

大人しくしていた。
 

でも、夜、いつもの様に一樹さんが

お見舞いに来てくれる頃には、

だいぶ楽になって夕食も食べられた。
 

心配してくれる一樹さんに

「ごめんね。張り切り過ぎた(^^;)」

そう言って謝った。
 

スポンサーリンク



『華さんとは連絡取れた?』

そう聞かれてスマホを確認すると、

木曜日の朝に送ったLINEが

まだ既読になっていなかった。
 

「具合が良くないのかもしれない。

もう少し返信を待ってみるね」

そう言って、その日は終わった。
 

体調に波があった華さんは、

これまでも既読にならなかったり、

返信が遅れたりすることがあった。
 

今回も、きっとそうだと思っていた。
 

スポンサーリンク


LINEの返事を待つ

翌朝は、熱も下がって体もだいぶ楽になった。

スマホを確認すると、華さんに送ったLINEが既読になっていた(●^o^●)

待っていれば返事は来ると思っていた。
 

が、午後になっても返信はなかった。
 

お見舞いに行けなかったことが

気になっていた私は、

思い切ってLINEで連絡をした。
 

「木曜日は行けなくてごめんね。

具合どう?返信はいつでもいいよ」

すると、すぐに既読になった。
 

そして、間もなく返事が来た。
 

『華の母です。

昨日、旅立ちました。

仲良くしてくれてありがとう。』
 

頭の中が真っ白になりました。

「旅立ちました。」って?

こんなにも早く?

こんなにも突然に?

そんなことってある?
 

信じられなくて、何も考えられなかった。

ただただ涙が次から次へと溢れて来て止まらない。
 

知らせてくれた華さんのお母様に、

お返事をしなくてはならないのに、

スマホの画面が涙で滲んで見えない。

そしてお母様のお気持ちを思うと、

言葉が見付からなかった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク