外科医のゲス野郎の話


まおです。

元カレのゲス野郎の話が途中になっていました。
 

お願いだから復讐とか言わないで。。。
 

心臓が止まるくらい驚いた私は、すぐに南さんに報告しました。

もちろん南さんも絶句するほど驚いていました。

「今から、まおさんの家に行って良い?」

そう言われたのですが、万が一、一樹さんの耳に入ると困るので、南さんに近くのカフェまで来て貰いました。
 

スポンサーリンク


真っ赤な顔の南さん

カフェに着いたのは、私が先でした。

目立たない席に陣取り、南さんが来るのを待ちました。

カフェの駐車場に、南さんの車が入ってくるのが見えました。

車から降りた南さんの様子に驚きました。

雰囲気が尋常じゃない!!!
 

歩く歩幅とか、険しい顔とか、全身からあふれる怒りを感じました。

入り口から入ってくる南さんの姿を目にしても、合図をして席を教えてあげることすら忘れていました。

すると、私の姿を見つけた南さんが、まっすぐ歩いてきて、ドスンと椅子に座るなり言いました。
 

「どーゆーこと?」
 

どういうことって?

それは私が聞きたいんだよ。。。
 

でも、そんな反抗的なことは言えず、黙って南さんの演説?を聞きました。

「どうしてこんな短期間で同じ病院に戻ってきたの?他の病院でも何かやらかした?やらかしたとしたら女関係だね!離婚でもしたのか?それとも上の先生に嫌われた?・・・」
 

もう有ること無いこと、妄想を織り交ぜて興奮して喋り倒す南さんを、私は何も言わずにうなだれて聞いていた。

なんだか叱られている気分だった。
 

スポンサーリンク


これからA総合病院へ行く?

「これからA総合病院へ確認に行くよ!まおさんも付き合うよね?」

え~、何で私が行かなくちゃならないのぉ~💦

返事をしないで黙っていると、南さんの怒りに油を注いだ。

「付き合うよね?」

「いや、私は体調が良くないから。。。それに、間違いなくゲス野郎の名前だったよ。見間違いとか絶対に無いから、確認するまでも無いよ・・・」

「私は確認して、本人に文句言わなきゃ気が済まないんだよ💢

「もう止めようよ。2年も前のこと、今更、蒸し返したって良いことないって。逆に幸せが遠のくよ」
 

悪気は無かった。

でも、この一言が南さんの心を傷付けてしまった。
 

「幸せが遠のく?そうだよね。まおさんは、幸せな結婚したもんね。セレブ婚って言われてるの知ってるよ。良いよね。まおさんは良いよ。自分だけ幸せになってさ。。。」

南さんは、普段、嫌みを言うような女性では無い。

美人だし、上品だし、高学歴だし、ナレーションの技術は南さんの右に出る物は居ない。

そんな南さんが、言った言葉に、私も傷付いてしまった。
 

自分だけが大好きな人と結婚して、南さんのことはどうでも良いと思って居たわけでは無い。

逆に、いつも南さんのことを気にかけていた。
 

でも、女同士って、難しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク