婚活で四股した男


まおです。

婚活での同時進行。

何人かのお相手と同時期にお会いしながら、一番のお相手を探す。

それは決して悪くないと思う。

むしろ一般的なことだと思う。
 

でも深い関係になったのなら、そのお相手ひとりに絞ってお付き合いするべき。

それが常識だろう。
 

でも、この私の常識が通用しなかったのが、元カレのゲス野郎だ。
 

間違いなくブ男の部類(不細工な男)で、口数も少ない(話し下手)。

だから油断していた。
 

まさか4人の女性と深い仲で同時進行していたとは。。。

いや、最終的に5人らしかったが、5人目の女性を特定することは出来ずに終わっていた。
 

結局、ゲス野郎は四股掛けていた女性のうちのひとりと「授かり婚」をした。

当時は大きなショックを受けたけれど、今となっては別れて正解だったと思う。
 

スポンサーリンク


南さんの反応

私は、その日のうちに南さんに電話をした。

電話の向こうで、南さんが動揺している様子が分かった。

どうしてそんなに動揺するの?

もう終わったことじゃない?
 

しかし考えてみれば無理もない。

私とゲス野郎の交際期間は5ヶ月程。

でも南さんは1年半以上交際していた。

旅行に行ったり、指輪をプレゼントして貰ったり、具体的な未来を想像していたに違いない。
 

私は一樹さんと出会えたけれど、南さんはまだ運命のお相手には巡り会えていない。

自分はゲス野郎のことを、完全に過去の出来事にしていたけれど、南さんは消化し切れていない部分があったのかもしれない。
 

南さんは言った。

「ねぇ、仕返ししてやらない?」

スポンサーリンク


復讐

「仕返しなんて言わないでよ!」

「だってさぁ、酷いと思わない?四股掛けといて、そのうちのひとりとサッサと結婚しちゃうなんて」

「もうあんな男と関わるの止めようよ」

「じゃぁ、まおさんは、何で私に教えたの?」

「別に、南さんに仕返しさせようと思って連絡したわけじゃないよ」

「そうかなぁ?まおさんだって、本当は悔しいんでしょ?」
 

南さんは、まだ忘れられずにいるのかな?

そう思った。

裏切られて悔しい気持ちを、忘れられないでいるのか?

それとも好きだった気持ちを、忘れられないでいるのか?

どっちなのだろう。
 

「ねぇ、復讐してやらない?」

「それだけは止めようよ」
 

今更、復讐も何もない。

もう終わったことだと思っていたのは、私だけだったのだろうか?

南さんは、心の中に傷を抱えていたのだろうか?
 

ゲス野郎との件から、既に2年が経過している。

ついこの間のように思えるけれど、もう2年も経っているんだよ。

もう、本当に終わりにしようよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク