まおです。

元彼。。。いえ、ゲス野郎のことなど忘れて、早く次の恋を探そう!と思うと、横やりが入ります。

婚活を前向きに頑張ろうと思える日もあれば、無理に結婚しなくてもいいかと考えるようにもなりました。

別の男性と出会って恋愛しても、また、二股・三股を掛けられる可能性もあるかと思うと、恋愛自体が怖くなります。

普通に恋愛して、デートして、プロポーズされて、婚約して、結婚する。

そんな普通のことが、とても難しく感じる。

スポンサーリンク


知らない番号から着信


午後から式場でブライダルナレーションの録音があるので、朝からその準備でバタバタしていた。

ぎりぎりまで原稿を手直しして、自分なりに満足のいく内容に仕上がった。

急いで身支度をしていると、スマホが鳴った。

「090-○○○○ー××××」知らない番号だ。

急いでいたし、基本的に知らない番号には出ない。

きっと何かの勧誘だろう。
 

それから1時間たったころ、また、同じ番号から電話が掛かって来た。

丁度、電車の中だったこともあり、しつこいなと思いながら無視した。

そして式場に到着。

式場の編集室ではスマホの電源は切っておくルールだ。

約2時間でナレーションの録音は終了。

帰ろうと思って電源を入れた瞬間に、着信音が鳴った。

出るつもりなどなかったのだが、反射的に応答をスライドしてしまった。

番号は確か、午前中に掛かって来ていた番号だった。

スポンサーリンク


日野と申します。

どうせ迷惑電話だろうと思っていた私は、ぶっきらぼうに「はい」とひと言で応対した。

電話の相手は、落ち着いた声の女性だった。

『まおさんのお電話でしょうか?』

あれっ?私の名前を知ってるの?知り合いか?

そう思った私は、慌てて声色を変えた。

「あっ、はい、そうです^^」

しかし次の瞬間、私は凍り付いてしまった。

『突然のお電話で申し訳ありません。私、日野と申します。』

日野・・・そう、ゲス野郎の苗字だ。

しかし、電話の相手は女性だ。

私は冷静を装い「どちらの日野さんでいらっしゃいますか?」と尋ねた。

すると女性は『失礼しました。日野明日香と申します。日野の家内です。』と答えた。

私は、全身から血の気が引くのを感じた。

心臓の鼓動が激しくなって吐きそうだった。

山崎明日香じゃないのか?

日野明日香ってどういうことだ?

確か「家内」って言ったよな?

もう入籍したのか?

頭の中でいろんな思いや考えがグルグル回って、今にも倒れそうだった。

私が何も言わない・・・いや、言えないで黙っていると、明日香さんはこう言った。

『夫の携帯にまおさんの番号が登録されていて、たまらず電話を掛けてしまいました。』と。

たまらないのは私の方だ。

とにかく気が動転してしまった。

今は、明日香さんの話も声も聞きたくなかった。

私は「申し訳ありませんが、今、仕事中なので、後にして頂けませんか?」と答えた。

明日香さんは「大変失礼しました。また、掛けなおさせて頂きます。」と言って素直に電話を切った。
 

私は、しばし呆然と立ち尽くしてしまった。

ここは結婚式場。

目の前には、何の因果か、純白のウェディングドレスをまとったマネキンが立っている。
 

少し離れたところで、一部始終を見ていたA氏が「大丈夫か?顔色悪いぞ!」と声を掛けてきた。

   日傘ブス VS 40過ぎても結婚できない男

私が、返す言葉もなく立ちすくんでいると「恋愛相談ならいつでも乗るぜ!」と明るく言い放ち、すれ違いざまに、私の肩をポン♪と叩いて通り過ぎて行った。

良い人なのか?悪い人なのか?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク