まおです。

車の中での話し合いは、全く進みませんでした。

子供のように押し黙った彼と、彼のことを全く許せない南さん。

いつまでも謝罪しない彼にしびれを切らし、南さんは車を降りてしまいました。

「私は、絶対に貴男を許さない」そう捨て台詞を残して・・・。

スポンサーリンク


足元に残されたバックと謝罪文


南さんは、車から少し離れたベンチに座ってスマホを操作していた。

あれっ?南さん、自分のハンドバックはどうしたのだろう?

ふと気付くと、私の足元に南さんのバックが置いてあった。

なるほど。

彼との会話を、録音しろという事か。

ならば、大きな声で会話しよう。
 

私は彼に、謝罪文を持ってきてくれたか確認した。

彼は、ちゃっかり用意してきていた。

一刻も早く、この騒ぎを終わりにしたいのだろう。

彼は、謝罪文を私に渡そうとしたので、私は「大きな声で、読んで聞かせて欲しい」と注文を付けた。

一瞬戸惑った様子を見せたが、ここは私の言う通りにするしかないだろう。

内容は、大まかこんな感じだ。

・複数交際をしていた
・不誠実な行為を謝罪する
・迷惑料として〇万円支払う

ぼそぼそ声で、ちゃっちゃと読み終えた彼。

謝罪文を茶封筒にしまったかと思ったら、ルイ・ヴィトンのセカンドバックの中から銀行の封筒を出して、謝罪文と一緒に私の前に差し出した。

私は受け取りにサインをした。

それと同時に、探偵事務所の調査報告書を渡した。

ビックリするくらい事務的で、あっけなかった。

スポンサーリンク


残るは南さん

問題は南さんだ。

私は、車に戻るように合図をしたが、南さんは気付かないのか戻って来ない。

彼が、南さんと話をしたいというので、仕方なく呼びに行ったのだが、南さんは断固拒否した。

今、話をしないと、今後、話をする機会があるかどうか分からないと言っても動かない。

車に戻って、彼に南さんの様子を伝えた。

彼はひと言「南さんは、何をするつもりだろう」と。

そんなこと私に聞かれても分からない。

私は彼に、とにかく今夜、誠心誠意謝っておかないと後悔するよと伝えた。

彼は、車を降りて、南さんの座っているベンチに歩いて行った。
 

それに気づいた南さんは、大きな声で叫んだ。

『それ以上、近づかないで!頭を下げたくらいじゃ、絶対に許さない。私は、まおさんとは違う。お金なんかで騙されない!』

まさに、泣き叫ぶと表現するのが正しいだろう。

まおさんとは違う。

お金なんかで騙されない。

南さんの言葉に、私は、それなりに傷ついた。

別に、お金が欲しかったわけじゃない。
 

もう、私には、南さんを止められない。

彼には、電話でもメールでも、手を尽くして、直接、南さんと話をするように伝えた。
 

彼は、駅まで送ると言ったが、断った。

あの状態の南さんを、車に連れ戻すのは難しい。

何より、無言の車中は、地獄より恐ろしい。
 

彼が帰ったあと、私達は、タクシーを呼んで駅まで戻ることにした。

しかし、日曜の夜、それも近所の花火大会で、道路は混み、タクシーはなかなか来なかった。

薄暗い公園で、蚊にたかられ、一生忘れられない夏の夜となった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク