まおです。

彼との待ち合わせ時間の20時。

私と南さんは、かつてデートの時に待ち合わせたJRの駅の送迎レーンで彼を待った。

どこかで花火大会が行われているようで、浴衣を着た若い女性が、彼氏にエスコートされながら歩いている。

そんなデートは久しくしていない。

そんなことを思っていると、彼の車が走って来るのが見えた。

ボイスレコーダー

私と南さんは、無言のまま、彼の車の後部座席に乗り込んだ。

デートの時は、当たり前だが助手席に座った。

後部座席から、空席の助手席を眺めるのは、何とも複雑な気持ちだった。
 

彼も無言で車を走らせた。

自宅マンションとは別の方向に向かっていた。

私が、どこへ行くのかと尋ねると、彼は、公園で話をしようと言う。

私も南さんも、自宅マンションで話をしようと主張したが、ハンドルを握っているのは彼だ。

15分程走り、大きな公園(史跡)の駐車場に着いた。

車のエンジンはかれられたまま。

この日は、日中かなりの暑さで、エンジンを止めれば暑くて居られないだろう。

南さんは、バックの中を気にしていた。

ボイスレコーダーに、ちゃんと声が録音されるか心配だったのだろう。

そう、南さんはボイスレコーダーを用意していた。

スポンサーリンク


私達を自宅に入れない彼

私達は、ボイスレコーダーを持ち込んで、彼が四股?五股?を掛けたことを認めさせ、謝らせようと思った。

しかし、彼の方も、ボイスレコーダーを持っているかもしれない。

後に、脅迫されてお金を支払ったなどと訴えるやもしれない。

ここは、とにかく発言に注意しなければならない。
 

私は緊張して、第一声が出なかった。

彼もまた、黙り込んだままだ。
 

静寂を破ったのは、南さんだった。

彼女は、穏やかな口調だけれと、ストレートな物言いだった。

『どうして今夜は、貴方のマンションに入れてもらえないの。こんなところで話すより、部屋の中でじっくり話をしたい。これでは貴男の顔も表情も見えないわ』
 

彼は、押し黙ったままだった。

彼は、運転席に座ったまま前を向いており、その表情は、サイドミラーでしか確認出来ない。

車のエンジン音だけが響く、重苦しい空気が流れた。

スポンサーリンク


言っちゃった・・・

そんな重苦しい空気を破ったのは南さんだった。

『貴方が何も言わないのなら、私が答えてあげる。貴方が、私達をマンションに連れて行かないのは、別の女性が訪ねて来て、また鉢合わせしたら困るからでしょ?私達が、貴方の部屋で不誠実な交際を謝罪しろと迫っている時に、婚約者の彼女が訪ねてきたら、言い訳できないものね!!

いきなり、言っちゃった。。。

作戦外の爆弾発言。

そんなことを言ったら、その情報をどこで知ったか追及されるに決まってる。

南さんが、合鍵を使ったことがバレてしまう。

自分を不利な立場に追いやって、どうするつもりか?
 

彼は、明らかに動揺していた。

彼の横顔から、血の気が引いていく様子がみてとれた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク